2009年 02月 12日
ヒゼンマユミ
f0103667_20282020.jpg


昨年も、この[ヒゼンマユミ」をアップしていました。
私はすっかり忘れていたのですがhamaboさんが覚えていてくださり、日にちまで教えてくださいました。
hamaboさん、ありがとう!!

昨年も、「参考までに・・」と出してあったので、同じものをコピーして、アップします。

参考までに・・・
肥前の名前の通り、九州地方以南の暖地に自生する常緑小高木で、4-5月にニシキギ属特有の目立たぬ緑の花を付ける。ニシキギのようなエラはないが、枝や茎が四角な断面を持っているのが特徴である。面白いことに、秋に熟す実も、四角い形をしている。褐色に熟して裂けると、これもニシキギ属特有の赤い種子が現れる。
 学名は、Euonymus chibaeでニシキギ科ニシキギ属である。本州山口県と九州以南に分布する。

by mimishimizu3 | 2009-02-12 20:28 |


<< 太宰府天満宮の梅      存在と非存在  ... >>