2009年 02月 16日
太宰府天満宮の梅
 
 東風(こち)吹かば  思い起こせよ   梅の花

    主なしとて  春なわすれそ

菅原道真が左遷させられて大宰府に来た時、道真を慕って、一夜のうちに京都から飛んできた・・・という伝説を持つ「飛び梅」

2月15日、ふわっとやさしい、柔らかい春の光がふりそそぐ中、飛び梅は気品高く満開の花を咲かせていました。

f0103667_9374.jpg


太宰府天満宮にはおよそ6000本の梅の木があるとか・・・

朝露を含んだままの紅梅は、恥らうように・・・・

f0103667_991295.jpg


話は変って・・・
2月16日、今朝の朝日新聞の朝刊に「ホームレス歌人、あなたは誰?」という記事が大きく載っていました。
住所欄に「ホームレス」と記して、朝日歌壇に登場した「公田耕一」という方、
その方のことは、最初の登場の時から、私も気になって、このブログでも昨年12月8日その日のうちに取り上げています。
その後

     親不孝通りと言えど 親もなく
       親にもなれず ただ立ち尽くす

という歌が載り、私はああ、福岡の親不孝通りのあたりで路上生活を送っておられるのだな、と思いました。ところがその歌の評には「横浜に、そう呼ばれた通りがあった」とあったので、??と思っていました。
「親不孝通り」というのは福岡の通りの名前とばかり思っていました。
このブログでも、2007年、5月24日に「親不孝通り」として取り上げています。
こんなユニークな、珍しい通りの名前が、横浜にもあるのでしょうか・・・
今朝の新聞によりますと、投函されてはがきの消印は「横浜」になっているとか・・・
謎は深まります。
今朝入選した歌は
   
    哀しきは 寿町という地名
       長者町さえ 隣にはあり

というものです。
福岡の「親不孝通り」とそれほど離れていないところに「寿通り」もあります。

私も聞きたい、「公田さん、あなたはどこにいらっしゃるのですか・・・」

        

by mimishimizu3 | 2009-02-16 09:09 | 福岡


<< 大宰府モデル撮影会      ヒゼンマユミ >>