2009年 05月 04日
下関 先帝祭
ゴールデンウイーク真っ最中
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私は、昨日3日、下関に行ってまいりました。

「先帝祭」・・・・一度見てみたいと思っていたお祭りです。

寿永4年(1185年)、平家が壇ノ浦の戦いに敗れ、滅亡しました。8歳の安徳天皇も海の底に沈まれ、赤間神宮に祀られました。その後、生きながらえた平家の女官たちは遊女に身を落としながらも、毎年安徳天皇の命日には身を清め、安徳天皇(先帝)のお墓に参拝したそうです。それが今日にまで綿々と受け継がれている「先帝祭」です。今は、下関舞踊協会の協力でおこなわれています。


上臈参拝
この日だけ、水天門から本堂にかけられる≪天橋≫を渡ってゆきます
f0103667_6265059.jpg



f0103667_6283370.jpg



カメラ、カメラ、カメラ・・・

f0103667_633336.jpg



参拝を終え、水天門から退出
f0103667_6362266.jpg


天橋を渡っている途中、≪外八文字≫と呼ばれる、漢字で八を描くような足のパフォーマンスが披露されるのですが、私のところからは、それは見ることはできませんでした。
外八文字は 「上臈道中」 で少しみることができましたので、次回アップします。

by mimishimizu3 | 2009-05-04 06:44 | その他


<< 先帝祭  上臈道中 外八文字      雑草と呼ばれる花々   № 58 >>