2009年 11月 02日
和白干潟
和白干潟は、博多湾の東部に広がる、80haもの貴重な干潟です。
特に、大陸からわたってくる渡り鳥のルートとしても有名です。

晩秋の今は、鳥は少ないだろうけれど、福岡のひとつの有名スポットだから行ってみよう、ということになりました。


ちょうど干潮であったのは幸いでした。
f0103667_8203510.jpg



500ミリの大砲レンズを手持ちで撮影、体力も《ウデ》もたしかな方だからできることでしょう。
f0103667_823119.jpg



このあと、すぐ、「何を撮られたのですか」とお聞きして、液晶を見せていただいてから、私も早速真似・・・
でも、《月とすっぽん》、波のきらめきは出ませんでした。
f0103667_8275094.jpg

撮影会の楽しさのひとつはこうしたわがままができることですね。
お上手な方の真似をすることは勉強になります。


干潟に住む小さな生き物たちが作った《砂の芸術》
まさに現代アートだと思いました。
f0103667_835559.jpg



「雑草」オタクの私は砂浜の植物を物色・・・帰って調べると「ハママツナ」とわかりました。
きれいに紅葉していました。
f0103667_840443.jpg


和白干潟は今、近くに博多湾埋め立てが行われ、環境が急速に悪化していっています。
貴重な渡り鳥がこなくなったらさみしいです。
これ以上、干潟が減らされないことを祈るばかりです。

by mimishimizu3 | 2009-11-02 08:48 | 撮影会


<< 朽ち行く前の・・・・   窓 №23      雑草と呼ばれる花々 № 95 >>