2010年 02月 13日
野村望東尼  平尾山荘
突然ですが・・・
福岡以外の方で、「野村望東尼」という幕末に生きた女性の名前をご存知の方はいらっしゃいますか。

野村望東尼、「のむらぼうとうに」、とも、「のむらもとに」とも呼ばれています。
福岡では時々マスコミなどでも取り上げられていますので、多くの方になじみのある名前です。

幕末に生きた女流歌人ですが、なにより野村望東尼の名前を世に知らしめているのは、『勤皇の母』と呼ばれ、幕府に追われた勤皇の志士たちをかくまったことでしょう。
特に高杉晋作をかくまい、そのかどで、玄界灘に浮かぶ「姫島」という島に島流しにあったことは良く知られています。。

望東尼が住んだ山荘は、今、復元され、それを中心に「山荘公園」として整備され、市民に親しまれています
前の通りは「山荘通り」という名前がつけられ、今では高級住宅地のイメージが強い通りにになっています。

山荘に梅が咲いているという話を聞き、近くまで行く所用がありましたので、ちょっと足を伸ばしてみました。


望東尼像
f0103667_9533531.jpg



山荘
昨年でしたか、屋根の葺き替えが行われ、きれいになりました。
ほんとうに粗末な山荘です。ここで日本の歴史に残る人物が匿われていたのかと思うとちょっと驚きです。
f0103667_101687.jpg



自分の信念を曲げず、毅然と生きた女性にふさわしく、白梅が咲いていました。
いかにも望東尼にふさわしい花と思いました。
f0103667_1073394.jpg



f0103667_1081454.jpg


by mimishimizu3 | 2010-02-13 10:09 | 福岡


<< モンドリアンの窓    窓 №36      かくれんぼ >>