2010年 08月 22日
女郎花と蝶
秋の代用的な花、オミナエシがたくさん咲いていました。
蝶がたくさん訪れていました。

よくみると、ちょうちょうさん、いろいろな種類がいました。

カメラには収めましたが、蝶蝶さんの名前はわかりません。
ご存知の方、教えてください。


f0103667_611914.jpg




f0103667_62091.jpg



これはなんとかセセセリ・・?
f0103667_62233.jpg



f0103667_631358.jpg



f0103667_633465.jpg


暑い、暑いといっても、秋の花が咲き出しました。
女郎花は、秋の歌として、古今集などにはたくさん読まれています。
そのうちの一首

     をみなえし  吹き過ぎてくる  秋風は

        目には見えねど   香(か)こそしるけれ

     (をみなえしを吹き過ぎてくる風は目には見えないけれど香りが高いのですぐにそれと
       わかります)

                 凡河内躬恒(おうしこうちのみつね)

                     古今集巻4秋下

女郎花って、そんなににおいますかねえ・・・

by mimishimizu3 | 2010-08-22 06:20 |


<< キャタピラー      バラ窓変奏曲   窓№62 >>