2010年 11月 05日
秋の野の花よ
「雑草と呼ばれる花々」を続けていたころ、野に出るとまず、草むらに咲いている花に目が行きました。
今でもひっそりと道端に咲いている花などを見ると、ふと立ち止まり、しげしげと眺めてしまいます。

秋の野には、なつかしい花が誰にも省みられないで、黙って咲いていました。


ヤマラッキョウ
きれいな花です。林の陰の、ごみごみした草むらにこんな可憐な花が咲くなんて信じられません。
f0103667_8573094.jpg



マムシグサ
がけの途中に、毒々しい赤い色を見つけ、おもわず「マムシグサ!」と叫んでしまいました。
このおどろおどろしさ!まがまがしさ!
グロテスクなまでの赤です。「おれさまは、マムシグサだぞーー」と自己主張しているようです。

f0103667_923013.jpg



サルトリイバラ
この葉っぱを、福岡では「がめの葉」とよび、柏餅のように、この葉っぱでおまんじゅうをくるみ「がめの葉餅」というお菓子を作ります。私も昔はよく作りました。
秋にはこんなかわいい実になるのですね。
f0103667_971510.jpg



ツリフネソウ
これも可憐で清楚な野の花です。
f0103667_982884.jpg


by mimishimizu3 | 2010-11-05 09:11 |


<< 朝焼けの歌      小さなバレリーナー >>