2010年 12月 12日
青の宇宙へ
f0103667_6565856.jpg


おまけ
今日の朝日新聞の「朝日歌壇」を見ていたら、こんな歌がありました。

   「なん買うとね」 「「ナン買うとよ」 と孫娘

         「ナンてなんね」 と笑う爺ちゃん
                                福岡市  中尾裕美

思わず、クスリとしてしまいました。
楽しい歌ですね。博多弁がとてもうまく使われています。

この歌を標準語に訳せば(笑)こうなるでしょう。
 
 「なにを買うの」 「ナンを買うのよ」 と孫娘
  「ナンてなに?」 と笑う爺ちゃん
これでは短歌になりませんよね(^^)v

「なに」を「なん」という博多弁とインド料理の「ナン」をからめたユーモア、そして、なん、ナン、なん、ナンと4回も同じ音の繰り返しの効果で、ほのぼのとした、暖かい歌になったのでしょう。
方言の持つ力は大きいです。

by mimishimizu3 | 2010-12-12 06:57 | 福岡


<< 光降る街      熊野摩崖仏   宇佐便り4 >>