2011年 07月 17日
破風(はふ)   窓No.95
破風を「窓」と言ったら、すぐさま「破風は窓ではない!」というお叱りの言葉が飛んできそうです。
それを覚悟で、破風を「窓」として取り上げました。

f0103667_744475.jpg


いつの頃だったか、覚えてはいないのですが、そして、どんなお話だったのかも覚えていないのですが、幼い頃読んだ童話の本に、小さな鬼が、破風を破って侵入して来て、、まさか屋根から入ってくるとは思っていない人々を驚かす、という場面がありました。
そこには挿絵もあって、破風を蹴破って中に入っていく鬼が描かれていたのです。

それ以来、私はそこは「窓」と同じと思い込み、ずっと破風のことを「窓」と思っていました。
今回、奈良の旅で、破風をいくつも見、そのことに話が及んだとき、破風は「窓」ではない、ということが話の途中で判明し、私はびっくりしました。50年以上、信じてきたものが間違っていたと、やっと分かったのです。

破風をよく見てみると、たしかに板が打ち付けてあって、「窓」ではありません。

でも、でも・・・私にとって、50年以上、破風は「窓」だったのだから・・・・

楽しい記念にアップしておきたいと思いました(-^〇^-)

by mimishimizu3 | 2011-07-17 07:45 |


<< 蔵  窓No.96      暑中お見舞い申し上げます >>