2011年 10月 01日
敗荷
ハスの花が過ぎ、葉っぱも枯れ、折れ曲がったような状態の蓮を「破れ蓮(ヤレハス)」と呼ぶということは、以前どなたかに教えていただきましたが、同じ状態の蓮を「敗荷」とも表現することがある、ということを私に教えてくださったのは、初老の上品な男性でした。

「敗荷?」
わたくしがそういぶかると、その人は穏やかな口調でいいました。
「与謝野鉄幹に“敗荷”と言う題の詩があるのですよ。全部は覚えていませんが、その中に、 花もろかりし、人もろかりし・・・というフレーズがありましてね。それだけは忘れられません」

私は早速与謝野鉄幹の「敗荷」をネットで探しました。

廃荷

夕(ゆうべ)不忍池(しのばす)の池ゆく
涙 おちざらむや
蓮 折れて月うすき

長だ亭(ちょうだてい) 酒寒し
似ず 住の江のあづまや

とこしへと云ふか
わずか ひと秋
花 もろかりし
人 もろかりし

おばしまによりて
君節目がちに
嗚呼(ああ)何とか云ひし
蓮に書ける歌


福岡のお堀にはずっと蓮が植えられていて、毎年綺麗な花を咲かせてくれます。花が終わり、枯れた状態になると、きれいに刈り取られ、水鳥がわたってきて、またひとつの風物詩になっているのですが、ある年、枯れた蓮が刈り取られず、そのまま放置され「敗荷」の状態のままのときがありました。
秋がたけ、冬が来て、冬がさり、春が来て桜が咲き、その桜が散り出すと、「敗荷」の周りに花筏ができました。
「花もろかりし
 人もろかりし・・・・」

私はそのフレースを口ずさみながら、「敗荷」と花筏を見つめました。

f0103667_8405321.jpg


by mimishimizu3 | 2011-10-01 08:43 |


<< 木犀の雨のあいまに匂いくる      花酔い橋 >>