2011年 11月 26日
シクラメンのかほり
「シクラメンのかほり」という歌がはやったのは、もう30年以上前のことだろう。

そのころ、用事ができ、実家に帰ったことがあった。
玄関を開けても、何の応答もなく、居間に上がると、祖母が一人丸いちゃぶ台に手を置き、ぽつんとテレビを見ていた。
そこには、布施明氏が「シクラメンのかほり」を歌う映像が写っていた。祖母はその歌声に耳を澄ませ、私が来たことも気づかなかったのだ。
私もその歌が終わるまでじっと祖母の傍らで見入っていた。歌が終わり、私は「おばあちゃん・・」と祖母に声をかけた。
その瞬間、祖母はまるで10代の少女のように、はにかむ様な、照れるような、ちょっとさびしげな表情を見せ「あら・・・」といった。
そして、照れ隠しをするように、「いい歌だねえ・・・」としみじみと言った。

f0103667_15302483.jpg


「シクラメンのかほり」、これは何十年経っても古びない名曲であろう。
メロディはいうまでもなく、歌詞も、歌い手もうまく、今聞いても静かな感動が心にわいてくる。
特に私は「疲れを知らない子供のように、時が二人を追い越してゆく・・」という歌詞には驚かされた。「時」を表すのに、「疲れを知らない子供のように・・・」というような発想はどこから生まれてくるのだろう、と思ったものだ。

祖母はそれから数年して亡くなった。
ちょうど晩秋の、シクラメンが花屋の店頭に並ぶころのことだった。
私は花屋にシクラメンが並ぶと、ついつい祖母を思い出し、一鉢買ってしまう。

今年もまた、シクラメンの季節になった。
抱えて帰ったシクラメンを居間に置くと、私は祖母に語りかけるように「おばあちゃん・・」といった。
そして、祖母に聞いてもらうように「シクラメンのかほり」をそっとくちずさんだ。あのときのはにかむような、照れるような、少女のような祖母の顔が目に浮かんだ。

f0103667_15322087.jpg


by mimishimizu3 | 2011-11-26 15:33 | エッセイ


<< 秋の色を      朝霧の橋 >>