2012年 02月 28日
孫とランドセル
孫娘が、この春小学校にあがることになった。
私はかなり以前から、息子に「ランドセルは私に買わせてね」とお願いをしておいた(笑)
孫のランドセルを買う、それは「おばあちゃん」の最大の楽しみであり、喜びでもあるのだ。

特に、私がこだわったのは、息子が40年近く前、やはり小学校に上がるとき買った同じお店で買う、ということだった。
親子2代にわたって同じお店でランドセルを買う・・・・

福岡の老舗のかばん店で買うために、わざわざ東京から福岡に帰省してもらった。
無駄なことかもしれないが、私にとっても、息子にとっても、そしてこのことの意味をいつか知る孫娘にとっても、きっと素敵な語り草になるだろう、そう信じて、孫のランドセル姿に目を細める「オバアチャンバカ」でした・・・・

f0103667_170252.jpg


重いぞ・・・・
f0103667_1715134.jpg


うれしくってたまりません。
帰りはそのまま背負って帰りました。
食事に立ち寄ったお店ではウエイトレスさんに「小学校に上がると?」と声をかけられ、ニコニコと答えていました。
f0103667_1761140.jpg


一つ困ったことは、地下鉄で帰ったとき、駅員さんから「小学生ですか?」と声をかけられ、「小学生なら子供料金をいただきます」といわれたことです。
事情を話すと駅員さんもニコニコと「おめでとう」といってくださいました。

by mimishimizu3 | 2012-02-28 17:10 | その他


<< 雪の玉水      ナンキンハゼ >>