2012年 03月 30日
春の心は・・・
春、花の咲く木はたくさん、たくさんあるのに、桜に対して日本人が持つ、この独特な、特殊な感情は一体どこから来るのでしょうか。

f0103667_10523919.jpg

  (3月29日の近所の桜)

春が近づくと、桜が気になりだします。
いつ咲くのか・・・今年は早いのか遅いのか・・・天候、気温、風・・・
桜の開花予想に、大げさに言えば日本中の人が、固唾を飲んで見守っているといってもいいでしょう。

これは何も今に始まったことではなく、1200年前の歌にも残されています。

    世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は  のどけからまし            在原業平   伊勢物語82段   
 
(この世の中に全く桜がなかったとしたら、春の人の心はのんびりしたものであったろうに・・・)

咲けば、1部咲きだ、5部咲きだ、といって愛で、お花見を楽しみ、散り行けば、それはそれで、「桜吹雪」として愛する・・・

伊勢物語はこの歌の続きとして次の歌を載せています。

    散ればこそ  いとど桜は  めでたけれ
 
       うき世になにか  久しかるべき        

(あっさり散るからこそ、桜はますます賞美に値するのだ、そもそもこの辛い世の中に、何が永続きするであろうか)

春の訪れを告げる桜は、色も形も大きさも、すべて日本人の感性にマッチするものなのでしょう。
そしてまた、「散り行く姿」の美しさも、ほかの花の追随を許さないほどの魅力があります。

今年また、桜の季節がやってきました。
今年、私は家の近くの桜を愛でに行きたいと思っています。

f0103667_1165468.jpg

(ヨウコウザクラは華やかですね)

by mimishimizu3 | 2012-03-30 11:10 | エッセイ


<< ミモザと「ミモザ館(やかた)」      赤い若芽 >>