2012年 04月 19日
バブルの落とし子 ふれあい橋
約30年前の、日本のバブル景気とは一体なんだったのでしょうか・・・
お金が有り余り、行政は「ハコモノ」をたくさん作りました。今、その維持管理費が重くのしかかっていると、テレビが放送していました。

この橋もまた、バブルの落とし子といっていいでしょう。
博多湾を埋め立て、人工の都市を作り・・・・

とてもおしゃれなきれいな橋です。
上と下、二重になっています。「ふれあい橋」などというありきたりの名前を付けられています。
通れるのは上も下も、人間と自転車だけ、何故、二重にしなければならなかったのか、私にはよくわかりません。
でも、通っていると、楽しくなるし、遠くから眺めてもきれいだから、それだけでいいか・・・

f0103667_111657.jpg


by mimishimizu3 | 2012-04-19 11:02 |


<< 桜散るころ      福岡ドームとウコン桜 >>