2012年 04月 30日
春の雑草 Ⅲ コバンソウ
ある日、山の中でキツネの坊やのキン太と、タヌキの坊やのポン太がばったり出会いました。
キン太がポン太にいいました。
「オマエ、なんか化かすことできるのか?」
タヌキのポン太はいいました。
「できるとも!おいらはなんだって化かすことできるのさ」
するとキツネのキン太は調子に乗って、「じゃあ、葉っぱを小判にしてみろよ」といいました。
ポン太はその辺の葉っぱを取って、一生懸命おまじないをかけました。が、葉っぱは小判になってくれません。
それを、ニヤニヤと見ていたキン太がいいました。
「おれ様は、小判など簡単にできるぞ」

キツネのキン太は、後ろ手に、そっとコバンソウを隠して持っていたのです。そのコバンソウは、お父さんのキツネから、タンポポの汁をたくさんかけてもらい、きらきら光っていたのです。だから、本当の小判のように見えました。

「エッヘン!これはコバンであるぞ!」
キツネのキン太は得意になってタヌキのポン太に見せました。
ポン太は目を丸くして驚きました、本当に小判のようです。

「すごいなあ・・キン太くんは、化かすの上手だねえ・・・さすがきつねだねえ・・・」

でも、そのとき、急に雨が降ってきました。
キン太の持っていたコバンソウにも雨が当たり、たちまちタンポポの汁が溶け出し、流れていきました。

そこにはその辺にいっぱい咲いている、普通のコバンソウがあるだけでした。

f0103667_9104191.jpg

「なあんだ・・・普通のコバンソウじゃないか・・・」
タヌキのポン太がそういうと、キツネのキン太は顔を赤くして、すごすごと、尻尾を巻いて山に帰っていきましたとさ。

オシマイ。

by mimishimizu3 | 2012-04-30 09:12 | 童話


<< 春の雑草Ⅳ  ホトケノザ      春の雑草Ⅱ ムラサキケマン >>