2006年 05月 15日
テイカカズラ
雨上がりの公園でテイカカズラを見つけました。

以前、お能をしている友人が、発表会をするから見にきてよ、というので大濠公園のなかにある能楽堂に出かけたことがあります。そのとき、最後にその会の師匠が演じられたのが、「定家蔓」でした。

平安時代の有名な歌人、藤原定家が身分の違う式子内親王に恋焦がれ、定家の霊がその墓にまとわり着き、蔓になった、いう内容で、そこからこの花が「テイカカズラ」と呼ばれるようにになったということも、私はその時はじめて知りました。
ただし、お能の内容が、史実に基づくものかどうかは全く不明でしょう。

でも、この白い蔓から、定家と式子内親王の関係を推測し、物語を作り上げ、花の名前にし、お能にまで作り上げてしまう、昔の人の教養の高さと、連想の力には、ただただ驚くばかりです。
現代の我々に、そんなふうにして花の名前をつけるということが可能かどうか・・・「テイカカズラ」を見るたびにそんなことをふと思うのは私だけでしょうか・・・・。
f0103667_1834185.jpg


by mimishimizu3 | 2006-05-15 18:34 |


<< ポピーまつり      エゴノキ >>