2006年 07月 09日
田島神楽(たしまかぐら)
梅雨のうっとうしい雲が垂れ込めている8日土曜日の午後、近くの神社でお祭りがあり、神楽が奉納されるというので、見に行きました。

田島八幡神社は、言い伝えによると670年ほどの歴史があり、早い時期から神楽が舞われていたようです。一時期存亡の危機もあったようですが、いまでは保存会が結成され、毎年、春と秋のお祭りに奉納されています。平成13年度からは、福岡市の無形民俗文化財にも指定されました。

地元の町内会や子ども会、学校のPTAをも巻き込んで、狭い敷地内に屋台がいくつも出るほどの賑わいで、大人も子どもも、地域の「鎮守さまのお祭り」を心から楽しんでいるようでした。

小さい頃、こうして神楽に親しんでおくということは、子どもたちにとって、とてもすばらしい体験でしょう。日本の伝統が次世代にも確実に伝わっていく様をみて、この素朴なお祭りと素朴な神楽が、これからもずっと続いていくことを強く願いました。


さかきの葉と、鈴をもって、無病息災と家内安全を願い、幸あれと演じます。
f0103667_1740168.jpg


「両刀」 
両手に真剣を持ち、四方を祓い清め、悪魔祓いをする舞。
動きも早く、真剣の持つ迫力が伝わってきます。
f0103667_17484334.jpg


f0103667_17501460.jpg


楽器
この打楽器は銅はっし(銅拍子)とよばれているものだそうです。
笛は手製とか。竹から自分で作られたそうです。
(ちなみに、鳴り物のかたがたは、この筵に座って演奏されるのです)
f0103667_17561953.jpg


お祭り風景
f0103667_1802542.jpg


by mimishimizu3 | 2006-07-09 18:01 | 福岡


<< 夏を待つ      きのこ、にょこにょこ >>