2007年 03月 30日
さようなら  西鉄宮地岳線
今、多くの地で、ローカル線の赤字が続き、廃線に追い込まれるという話を聴きます・

福岡の東部を、博多湾沿いに走る西鉄の宮地岳線も、途中の駅から先が廃線になると聞いたのは、昨年の夏の頃でした。
この3月いっぱいで、新宮駅から津屋崎駅までが廃線となり、名前も宮地岳線ではなく、貝塚線になるとのことなので、それではその前に、最後の宮地岳線に、ゴットン、ゴットン揺られてみましょうと、半日の、小さな小さな旅をいたしました。

距離とすればたいしたことはないのですが、数回しか乗ったことのない線は、ものめずらしく、菜の花の咲く窓外の景色も旅情をさそい、楽しい一日となりました。


福岡市営地下鉄と連結している宮地岳線の貝塚駅の改札口。今でも自動改札ではなく、人の手で切符がもぎ取られていきます。なんか、なつかしいです(笑)

f0103667_21225048.jpg


案内板、これも明日中には新しいものに置き換えられることでしょう。
ほのぼのとした、温かみのある案内板ですよね。新しいのはどんなものになるのでしょうか・・・
f0103667_2130948.jpg



津屋崎行きのプレートが出ています。あと何回このプレートは使われるのでしょうか・・
2両編成のかわいい電車です。
f0103667_21365552.jpg


終点の津屋崎駅。
駅前では、地元のかたがたが、「津屋崎千軒新聞」という手作りの、新聞の創刊号を配っていました。
ここは以前は「津屋崎千軒」と呼ばれたほどの賑わいのある街だったそうです。
時代は変わっていくのですね。
この駅舎も早急に取り壊されるでしょう。駅前に設置されてある銀行のATMも撤去されてしまうそうです。そうなると、500メートルも先まで行かなければならず、お年よりは大変なんですよ、と話しておられました。
f0103667_2141044.jpg



津屋崎駅の線路打ち止め。
これと同じものが、今度は新宮駅に設置されるのでしょう。
f0103667_21531994.jpg



帰りの電車にはお別れの挨拶がでていました。

f0103667_21585611.jpg



ゴットン、ゴットン、のんびりとしたローカル線でした。

さようなら 西鉄宮地岳線・・・・・
f0103667_221593.jpg


by mimishimizu3 | 2007-03-30 22:04 | 福岡


<< 宮地嶽神社      島へ >>