2007年 04月 13日
新しき旅立ち
さくらはあっという間に散ってゆきました。
日本人が、これほどさくらに対して、一種独特な感情を持つのも、その散り際のよさにあるのかもしれませんね。

一方、新しい季節を迎えた木もあります。
モミジの花が、ひっそりとさいていました。
これから、このモミジは、トンボになり、秋には美しく紅葉してゆくことでしょう。

(マクロレンズがまだ無いので、クローズアップレンズで撮りました)

f0103667_159771.jpg


f0103667_1592644.jpg


by mimishimizu3 | 2007-04-13 02:02 |


<< 雑草と呼ばれる花々  そのⅡ      落花の下を >>