2007年 04月 23日
ハンカチの木とハナイカダの花とユリノキの花の予告
今日は、なんとも奇妙なタイトルをつけました(笑)

「ハンカチの木が、花を咲かせましたよ・・」
植物にとても詳しい友人から、うれしいメールが届きました。

雨の日曜日、午後から、雨は上がり、うす曇になりました。買い物のついでに、植物園まで足を伸ばしました。



ハンカチの木は、昨年の台風で被害を受け、今年は花数が少ないそうです。
お花は真ん中の黒い部分で、白い部分は、苞だそうです。
そう教えていただかなければ、白い部分がお花と思ってしまいますね。
f0103667_64027100.jpg



はないかだ、といえば、花筏。
桜が散り、花びらが水の上で漂っている、季語にもなっている、あの美しい情景のこととばかり思っていましたが、その名もずばり、「ハナイカダ」という植物があるそうです。
よく見ると、葉っぱの上に、小さい、小さい花があります。
葉っぱの上に、ちょこんと乗っている小さな小さな花・・・
それを、水の上にたゆたっている桜の花びらと見立てるとは、なんという繊細な、優しい感性なのでしょう・・・
日本人の、美的センスのエッセンスを見るような気がいたしました。
教えていただいて、初めて知りました。Iさん、ありがとう!!
f0103667_6494296.jpg

f0103667_6505161.jpg


予告
ユリノキが蕾をつけていました。
これが開花するのはいつごろでしょう・・・・
お花が開いたら、撮ってみたいです。予告しておきますね(笑)
f0103667_7172438.jpg


by mimishimizu3 | 2007-04-23 06:52 |


<< 雑草と呼ばれる花々 そのⅢ      カルガモ親子 >>