2007年 06月 06日
花3題

夾竹桃

夾竹桃が咲き始めました。
広島に原爆が落とされ、一面の焼け野原となり、70年間は草木は生えてこないだろうといわれていたところに、最初に花を咲かせた花が、夾竹桃だったのですね。
どれだけ人々を勇気付け、励まし、慰めてくれたことでしょう。
花自体は毒素を持っているようですが、原爆のそのエピソードを思うと、大切にしたい花です。

f0103667_742835.jpg



ブラシの花

正式名称は、なんとかといいました。
教わりましたが、忘れました(笑)
でも、「ブラシの花」で通っていますから、正式名称は覚えなくてもいいでしょう(笑)
思わずコップを持ち出して,ごしごし洗いたくなりませんか・・・

f0103667_781470.jpg



アマチャ

ずっと、アジサイとアマチャの区別がつきませんでした。
今でも良くわかりません。
でもこれは「アマチャ」です。間違いありません。何故って・・・・
植物園で、撮りました。プレートに、ちゃんと「アマチャ」とでていました(笑)

f0103667_7114754.jpg


アマチャを出しましたら、多くの方から、アジサイとの関係を聞かれました、
調べてみましたら、下記のようなことがわかりました。参考になさってください。


学名:Hydrangea macrophilla var. thunbergii
 別名:コアマチャ(小甘茶)
 花期:初夏

 ヤマアジサイ(山紫陽花)と非常によく似ています(ヤマアジサイの一変種だそうです)。
 装飾花は,はじめは淡紫色で,やがて淡紅色に変化します。
 葉を乾かすとフィロズルチンという物質が生成されて甘くなります。これを煮出してつくるのが,花祭り(=灌仏会;お釈迦様の誕生祝い)で使う甘茶です。甘味飲料や加工食品の甘味原料として使われることも多いです。

by mimishimizu3 | 2007-06-06 07:13 |


<< 夏椿      焼け跡 >>