2007年 11月 02日
博多お寺めぐり
今、福岡市美術館で、福岡藩の城主、黒田家の菩提寺である崇福寺展が開催されています。
それに関連して、博多の古いお寺めぐりが企画されました。


承天寺
昔博多に疫病がはやったとき、この寺にいた聖一国師という方が施餓鬼を行い、それが博多山笠の起源だといわれています。今でも山笠の時は山はここに立ち寄り、敬意を表します。
庫裏は美しい白壁です。

f0103667_840487.jpg



また、ここは、帰国した遣唐使が教えたという、うどん、そばの発祥の地として知られています。境内には「饂飩蕎麦発祥の地」の石碑が建っています。(お恥ずかしいことですが、私はこの石碑の饂飩という字を見て、初めてうどんという漢字を知りました・・・(^_^))
f0103667_846815.jpg



承天寺にて

f0103667_848455.jpg



東長寺
唐より帰国した空海が建てたとされる日本最初の真言宗のお寺
本殿
撮影していいのかな?と思いつつ・・・でも、どこにも「撮影禁止」の張り紙はありませんでした(^_^)
真言宗のお寺の仏具は、美しく、「荘厳」(しょうごん)された仏殿は、いつみても敬虔な気持ちにさせられます。

f0103667_854267.jpg



妙楽寺
福岡市美術館には「博多文林」と呼ばれる唐物茶入れがあります。これはもともとは博多の豪商であった神屋宗湛(かみやそうたん)が持っていたもので、ある時、豊臣秀吉がそれを所望したのですが、その時、宗湛は「日本の国の半分となら、交換しましょう」といったという逸話が残されています。
秀吉ともあろう時の権力者に、それだけのことが言えた博多商人の心意気として、今でも語り継がれています。
この寺にはその、宗湛の墓があります。
(お参りはしたのですが、写真に撮るのは失念!!(笑)次回行った時は必ず撮ってきます)

お寺の珍しい字体に目が行きました
f0103667_9283964.jpg




またここはういろう伝来の地ともいわれています。ういろうは博多には根付きませんでしたが、当時の博多は、確かに、帰国した遣唐使がもたらした文化に溢れていたのでしょう。

f0103667_9462767.jpg



聖福寺
「扶桑最初禅窟」という後鳥羽上皇の宸翰である扁額がかかっていますが、今は鳥の公害防止のためでしょう、網がかかっていてよく見えません。残念です。
いつ訪れても、静かなたたずまいで、気持ちがふっと落ち着きます。
f0103667_9583699.jpg


by mimishimizu3 | 2007-11-02 10:09 | 福岡


<< 深まりゆく秋      雑草と呼ばれる花々  その17 >>