2008年 01月 30日
枯淡の美
以前、日本人は「枯淡の美」というものを、今より、もっともっと大切にし、尊重し、愛していたのではないでしょうか・・

最近、「枯れてゆく」ということを、肯定するより否定する風潮のほうが強いように私には思われます。
「枯淡」という言葉もあまり耳にしなくなった気もするのですが・・・

ふと、枯れ果てた紫陽花の花に、足が止まりました。



f0103667_113573.jpg




フウセントウワタ
面白い花です。名前の通り、中には綿のようなものが入っていたのですが、それも既にどこかに飛んでいってしまいました。
(ちょっと怪獣のようにも見えますね ガオッ・・・・(^.^))

f0103667_11374451.jpg


by mimishimizu3 | 2008-01-30 11:39 |


<< 春立つ今日の・・・・      信ずるということ、あるいは仕事... >>