2008年 02月 23日
南の島の花々
南の島には色とりどりの花が咲いていました。
名前を教えてもらったものもありますが、土着の方と思われる人に、道端に咲いている赤い花をさして「これはなんと言う名前?」ときくと、こたえは「赤い花」
黄色い花をさして、「これは?」ときくと、「黄色い花」

それをなんどか体験して、逆に、名前知ろうとする私のほうが、おかしいのではないか、とおもわれてきました。

花はそこに咲いている。
それに後から人間が勝手に名前などつけただけ。

赤い花は「赤い花」
黄色い花は「黄色い花」

それだけで、いいではないか・・・

小さな価値観の転換でした


プルメリア
唯一正確な名前がはっきりしているもの。
レイによくつかわれます。くちなしに似たいいかおりがしました。
でも、痛みやすい。
せっかくのレイが、一日持ちませんでした。
f0103667_8275454.jpg



赤い花 (^.^)
南国の強烈な太陽によく映えていました。

f0103667_8291678.jpg



黄色い花 !(^^)!

f0103667_8314747.jpg



日本で言えば、さしずめ、ハマヒルガオでしょうか・・・
砂浜に群生していました。

f0103667_8354689.jpg



これも日本で言えば、スイカズラの仲間でしょうか?・・・・
繊細なかわいい花でした。

f0103667_8342715.jpg


by mimishimizu3 | 2008-02-23 08:39 |


<< 海辺のオブジェ      南の島の実のなる木 >>