2008年 06月 13日
住吉神社 お田植え祭
6月10日、福岡の住吉神社では、恒例のお田植え祭が執り行われました。

厳かなお祓いや祝詞奏上のあと、神社の片隅にある小さな神田に、早乙女姿の巫女さんをはじめとして、氏子の方々が、田植えをなさいます。
早乙女姿の巫女さんの衣装は、絵になります。地元のテレビ局も大きな機材で取材していました。


神田の前には、お供え物がささげられています。
f0103667_8444045.jpg



神官と早乙女が会場に入り、儀式が始まります

f0103667_1541471.jpg


お田植えの前に、神主が御幣をまきます。

f0103667_8353944.jpg



いよいよはじまりました。
若いアマチュアカメラマン、早乙女の表情をアップで撮りたいのでしょうか・・・
まさにかぶりつき・・・テレビ局のカメラマンも苦笑なさっていました(笑)
f0103667_8554462.jpg



少し進むと、慣れてきたのか表情も和らぎはじめました。

f0103667_8365019.jpg



だんだんと氏子の方々も靴を脱ぎ、田に入る方も増え、田植えを楽しまれているようでした。
f0103667_94085.jpg



とちゅうで、花笠の紐が緩んできました。神主さんが結びなおしてあげている、ほほえましい光景もありました。

f0103667_98167.jpg


日本は瑞穂の国、お米は大切な大切なものでした。だから、お米にまつわるこうした儀式も生まれ、継承されているのでしょう。
今、減反、減反と叫ばれ、水田がどんどん荒れていくのを見るのは辛いことですね。

by mimishimizu3 | 2008-06-13 09:15 | 福岡


<< 10円まんじゅう      雑草と呼ばれる花々   № 34 >>