2008年 07月 13日
山笠 追い山ならし
夏だ、祭りだ、山笠だ!!

以前、「山笠があるけん、博多ったい!」というキャッチコピーがありました。
確かお菓子屋さんの広告でしたが、博多に住むものにとっては特別な思いで聞いたものです。

山笠があるから、博多!!
これ以上、何の説明が必要でしょう・・

12日、「追い山ならし」が行われました。週末とあって、博多の街は、例年以上の熱気と人出に溢れかえっていました。


まずはお櫛田さんにおまいり。ここから既に山は始まっています。真剣そのものです。
f0103667_13441823.jpg



オイサ、オイサ、の掛け声とともに、流れを示す板を持って、大人も子どもも走ります。子どもも重要な祭りの担い手です。いよいよ山がやってきます。

f0103667_13501473.jpg



女の子もある年までは参加できます。(聴いた話によると、初潮を迎えるまでとか・・・それまでは中性ということでしょうか・・・お相撲の土俵に今でも女性が上がるのは拒否されていますが、それと通じるものでしょう)
f0103667_13573330.jpg




西流れ
「我、不善邪悪を許さず」・・・いい言葉ですねえ・・
f0103667_1412815.jpg



土居流れ
f0103667_144417.jpg



上川端通り流れ
豪快に「勢いみず」(きおいみず)をかけられます。
f0103667_14141248.jpg



6の上川端通り流れの山は、このあとお人形の上に富士山が出、そして棒が延び、幡が出てきました。楽しいからくりにやんやの拍手でした。

f0103667_1417207.jpg



この「追い山ならし」は午後3時59分スタート。
私は6時ごろ家に帰り着きました。夕食を終え、7時のNHKのニュースを見ていたら、全国版のエンディングに、この「追い山ならし」が放送されていました。
さすがNHK、迫力ある映像です。
桟敷席の一番いい場所、山が櫛田神社に入ってくるのをばっちり捉えることができる場所から撮った最高の映像でした。

by mimishimizu3 | 2008-07-13 14:33 | 福岡


<< 祭りの後      雑草と呼ばれる花々   № 36 >>