2008年 10月 23日
筝 三絃 尺八 演奏会
三曲と呼ばれる、筝 三絃 尺八の演奏会があるから行きませんか、と友人がさそってくれました。(10月19日)

考えてみれば、ピアノやヴァイオリン、オーケストラなどの西洋音楽の演奏会には、お金を払ってでも、よく出かけてゆくのに、和楽器にはそういうことはあまりありません。

でも、いつでしたか、「津軽三味線」の演奏会にゆき、もう、それはそれは、感動したことがあります。胸を打たれた、というような生易しい表現ではたりません。「肺腑を抉られた」といったほうがぴったりです。

和楽器の持つ響きは、日本人のDNAの中に入っているのかもしれません。年とともに、太鼓や三味線、それらの音がとても親しく感じられるようになっていた私は、喜んで出かけてゆきました。


尺八の持つ音色は、哲学的でさえありますね。

f0103667_6134636.jpg



尺八とおことの演奏、
男性は紋付袴、女性は和服、まさに伝統的スタイルの方々

f0103667_6173860.jpg




最近は椅子で和楽器、といおうのも珍しくなくなりました。
お茶にも「立礼」があるのですから、あたりまえでしょうね。

f0103667_6232021.jpg



なんと言っても私が一番強い印象を持ったのがこのグループでした。
「伝統」をそのまま踏襲するだけではなく、伝統の上に立ちながら、新しい息吹を和楽器に吹き込んでいく・・・そういった思いが込められているのでしょう。
若い女性を中心に、私には詳しいことはわかりませんが、多分、技法的にも新しい境地を開拓されているのだろうな、と思われる演奏でした。
衣装も、決してけばけばしくはないけれど、スパンコールの効いた華やかなドレスでした。

f0103667_6312757.jpg


上のこととは関係ないことですが・・

今、10月23日朝8時30分
新聞を読んでいて、死亡欄に目が釘付けになりました。
「坂口菊枝」さん、連合赤軍事件の坂口弘死刑囚の母親、93歳。

連合赤軍事件は今でも生々しく思い出す忘れられない事件です。血が凍るようだ、とはああいうことを言うのでしょう。
坂口弘はその中心的人物でした。
その坂口弘は死刑が確定し、獄に入ってから、短歌を詠み始め、「朝日歌壇」によく入選していました。

私がとても興味を持ったのは、あれだけのすさんだ、乾いた、人間としての感情も全てなくしていた人が、監獄で短歌を始め、それによって「心」を、人間らしさを取り戻していったということです。
短歌という叙情に救われた・・・といってもいいのでしょう。
短歌というものには、それだけの力があるのだと思います。
短歌によって、人としての感情を再びよみがえらせ、初めて自分がしたことの罪の重さに気づき、贖罪の意識に目覚めていったのでしょう。
以前読んだ、坂口弘の歌にはそういった歌が多かったように記憶しています。

それと、私の胸を打ったのは、母親としての菊枝さんの姿です。
あれだけ凄惨な事件を起こし、犠牲者だけでなく、犠牲者家族をも哀しみ、苦しみのどん底に落とし、日本中を恐怖に包み、人として許されざることをした息子を、謝っても謝り切れない、償っても償いきれない、「世間」「世界中」の人すべてが思い、菊枝さん自身そう思ったであろうけれど、でも、でも、その次元とは別に、、「息子」は「息子」として最後まで支えたということは、なかなかできることではないでしょう。
どんなことがあっても、「私の息子」その強い母の愛があったからこそ、坂口弘は人間としての心を取り戻すことができたのでしょう。

弘の作った短歌を、歌人の佐々木幸綱氏に届けた、という短い記事に、私は目頭が熱くなりました。

ご冥福をお祈りいたします。

by mimishimizu3 | 2008-10-23 06:33 | 福岡


<< 白と黒      秋の桜・・・それはやっぱりコスモス >>