2008年 11月 01日
破れハス(やれはす)の刈り取り
今日から11月、早いものです。
今年ののカレンダーもあと1枚になりました。

福岡に晩秋を告げる、お濠のハスの刈り取りが行われています。
決して美しい光景でもないのですが、私はなんとなく、この光景を毎年心待ちにしています。


10月15日撮影
始まったばかりの刈り取り。
水の中に入り、鎌で刈ってゆきます。大変な重労働でしょうね。
f0103667_8524990.jpg



10月29日撮影
ほとんどの刈り取りがおわりました。
あと少しを残すだけです。
これで、かもさんたちがいつ戻ってきても大丈夫・・・
f0103667_8515498.jpg



夏、きれいな花を咲かせ、人々を楽しませてくれたハスが、枯れて「破れ蓮・・・やれはす」になっています。
「やれはす」とは、季語にもなっているのよ、と俳句をしている友人が教えてくれました。
こんなすがれたものに、美を見出す日本人の感性はすごいですね。

f0103667_8552521.jpg


by mimishimizu3 | 2008-11-01 08:58 | 福岡


<< 白鵬土俵入り      秋の大観覧車   >>