2008年 12月 01日
かずらの籠を作りました
11月最後の日曜日、初冬の風が吹く中、植物園で行われた「かずらでかごを作りましょう」の教室に参加してまいりました。
「雑草シリーズ」をしていると、かずらにも興味が湧き、なにより、以前から、野性味溢れるかずら工芸には心惹かれるものがありました。

教えてくださるのは、かずらの好きな方が集まってグループを作り、山に取りにゆき、とってきたかずらを、多くの人にかずら工芸の楽しさを知ってもらいたいと、ボランティアで、教えていらっしゃる方々です。
生徒は初めての人ばかり、笑い声の絶えない、楽しい時間を過ごしました。

f0103667_8431195.jpg


約2時間でそれぞれ、個性溢れるかごが完成。
できあがったかごをかかえて家に帰り、私はさっそく、植物園で拾ってきたユリノキの落ち葉を敷いた上に、取り集めていた様々な「秋」を盛り込み、玄関のポーチに置きました。

f0103667_857457.jpg

赤いカラスウリの実、サルトリイバラの実(これは昨年取っておいたもの)はすの実、白いものはコットンボールの綿です。せんだんの実・・・・
かずらが曲がっているので、ちょっと平衡がくずれています(笑)
それもまた、野性的でいいのかな?・・・と自分では思っています(^.^)

by mimishimizu3 | 2008-12-01 09:02 | 福岡


<< アカザの杖      秋を走る >>