カテゴリ:橋( 34 )

2012年 02月 05日
レインボーブリッジ
      
f0103667_15101059.jpg


    そらのゆめ
     みずのゆめ
    とりのゆめ
   
   ゆめとゆめ
    さわやかに 
     しなやかに 
  
   ゆったりと
    ふかぶかと
     いきついて 

   むすびます
    にじのはし

     レインボーブリッジ   

by mimishimizu3 | 2012-02-05 15:11 |
2012年 01月 14日
滝と赤い橋
福岡、篠栗南蔵院にて
滝に見とれる坊やよりも、お孫さん?の手をしっかり握っているおじいちゃまの姿が印象的でした。

f0103667_9212649.jpg


by mimishimizu3 | 2012-01-14 09:25 |
2012年 01月 04日
赤い橋
近くの神社の橋
あまりきれいでもなかったので(失礼!)逆に、思いっきり目立たせてあげようと思い、パソコンで遊んでみました。

f0103667_1339454.jpg


by mimishimizu3 | 2012-01-04 13:40 |
2011年 12月 25日
女神大橋
長崎にある女神大橋
2005年12月24日撮影
まだ、一眼も持たないときでした。オリンパスのコンパクトデジカメ、770C.
クリスマスイブに長崎の教会を巡る撮影会がありました。そのときに撮ったものです。

あれからもう6年もたっているのですか・・・
この橋は、クリスマスにアップしたいと思っていました。私の中では、「クリスマスの橋」なのですから・・・・・・・・!(^^)!

f0103667_16463599.jpg


おまけに・・
そのときに立ち寄った黒崎教会の祭壇の飾りつけ
今日はクリスマス、すべての人に平安がありますように・・・
f0103667_1650135.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-25 16:51 |
2011年 12月 15日
通潤橋
13日、「錦帯橋」をアップしたとき、「名橋」の名に恥じない橋、と書きました。
「名橋」といえば、熊本にある「通潤橋」も忘れるわけにはいきません。

橋の真ん中から豪快に水を放出する姿は、痛快であり、驚きでもあります。
昔の人の知恵には本当に敬服するだけです。

f0103667_17354822.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-15 17:36 |
2011年 12月 13日
錦帯橋
あるかたのブログを見ておりましたら、「錦帯橋」が出てきました。
それを見て、「そうそう・・・私も行ったことあるなあ・・・」と思い出し、古い画像を探し出しました。

錦帯橋、山口県、岩国にある5連の美しい橋です。
登って降りて、登って降りて、また登って降りて・・・・5連のアーチが美しい、遊び心もいっぱいの、そして技術的にもすばらしい、「名橋」の名に恥じない橋です。

f0103667_10141839.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-13 10:16 |
2011年 12月 07日
渡れるよ・・・
昨日の、流れの飛び石を渡る少女を見て思い出しました。

昨年の今頃、たった1メートルくらいしかないけれど、それでも、高さはかなりあるので、恐る恐る石の橋をわたっている少女がいました。

f0103667_1183795.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-07 11:09 |
2011年 11月 22日
朝霧の橋
過去の旅の途中で・・・

山肌に朝霧が這い、幻想的な雰囲気に浸っていたとき、いきなりバイクの音が響き、郵便屋さんが橋をわたっているのに気づきました。
「朝霧の橋」
そんなタイトルが浮かびました。

f0103667_9273063.jpg


by mimishimizu3 | 2011-11-22 09:27 |
2011年 11月 16日
石橋の貴婦人  鳥居橋
昨年12月はじめ、、宇佐を旅しました。
そのとき出会った石橋。
「鳥居橋」と名付けられていますが、天に長く伸びる橋脚から「石橋の貴婦人」とも呼ばれているそうです。

大正5年につくられ、幾度の台風、災害にもびくともしないで、今でも橋として使われています。

たしかに、重厚さの中に、気品をたたえた、「石橋の貴婦人」にふさわしい橋です。

f0103667_9192550.jpg


by mimishimizu3 | 2011-11-16 09:20 |
2011年 11月 08日
昇開橋
橋のことを考え、今までの画像を見ていると、とてもユニークな橋をいくつも撮っていたことに気づきます。

昇開橋もその一つでしょう。

旧国鉄時代、佐賀線の、筑後川をまたいで福岡県大川市と佐賀県佐賀市諸富町を結んでいた鉄道可動式橋梁です。

佐賀線は廃線となり、この橋はもう鉄道の橋としては使われなくなりましたが、今でも、一般の通行はできます。

時間が来ると途中が可動式になり、上下に動きます。
建築物としても貴重な文化遺産でしょう。
これからも残してほしい橋です。

f0103667_10505846.jpg


by mimishimizu3 | 2011-11-08 10:52 |