カテゴリ:短歌( 37 )

2011年 12月 20日
光と語らふ
   雪雲の切れ間より漏るひとすじの
 
      光と語らふ

    一人居の午後

f0103667_111126.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-20 11:01 | 短歌
2011年 12月 19日
冬の雨の日
  ふりそぼつ冬の雨の日
  一人居の
  午後はけだるく
  虚空みている

f0103667_938014.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-19 09:38 | 短歌
2011年 12月 17日
暗き土曜日
 
f0103667_1313623.jpg


  ただひとり

  地の底ふかくいるような

  冬の雨降る

  暗き土曜日

by mimishimizu3 | 2011-12-17 13:14 | 短歌
2011年 11月 20日
今日のひと日の・・・
   刻々と
   赤み増しゆく
   山の端に
   今日のひと日の
   いのち感謝す

f0103667_10263999.jpg


by mimishimizu3 | 2011-11-20 10:27 | 短歌
2011年 11月 17日
白い秋の日
   われひとり
   この世の果てに
   いるような
   そんな気のする
   白い秋の日

f0103667_8552654.jpg


by mimishimizu3 | 2011-11-17 08:55 | 短歌
2011年 11月 11日
桜も柿も色づきて・・
友がハガキをくれました。
一緒に旅をしたことのある友人です。
手描きの絵が添えられてありました。

f0103667_1526082.jpg


    秋深く  桜も柿も  色づきて

       夜寒にしのぶ  懐かしき旅

      

by mimishimizu3 | 2011-11-11 15:29 | 短歌
2011年 10月 23日
枯れて気高き
   人しれず咲きにおいたる日もあるか

     枯れて気高きうばゆりの花

f0103667_7125525.jpg


by mimishimizu3 | 2011-10-23 07:13 | 短歌
2011年 10月 21日
ネコジャラシの歌
     踏まれても   
        
         命の限り   輝いて

     ネコジャラシあたたかき
        
          秋の夕暮れ

f0103667_743775.jpg


by mimishimizu3 | 2011-10-21 07:05 | 短歌
2011年 10月 18日
朝焼けの歌
    今日ひと日

    生きてあらなん

    
    あけそめる

    朝の光はこんなに

    美しいのだから

f0103667_7165282.jpg


by mimishimizu3 | 2011-10-18 07:17 | 短歌
2011年 10月 15日
夕映えの島
     ささやかな  人のいとなみ
                     
         のみこみて

     くれなずみゆく   夕映えの島

f0103667_8494484.jpg


by mimishimizu3 | 2011-10-15 08:50 | 短歌