カテゴリ:花( 223 )

2012年 01月 07日
赤い実
外はどんよりと曇っています。
冬の福岡は、意外に日照時間が少ないのです。
「九州」というと、冬でも暖かく、明るい南国のイメージを持たれる方もあるようですが、それは太平洋側に面した宮崎や鹿児島のこと、博多は日本海側に面しているため、雪こそ降りませんが、冬は暗い日が多いのです。

そんな中、注意して見回すと、その暗さを吹き飛ばすかのように、この時期、「赤い実」をつけた木が多くあることに気づきました。


ナンテン
たくさん、たくさん実をつけています。難を転ずるとか・・・・おめでたい花ですね。
私もあやかりたい…(^.^)です。
f0103667_1385465.jpg



モチノキ
昔、子供たちと一緒に「モチモチの木」という童話をたのしみました。
一人の臆病な少年がおじいさんの病気をきっかけに大きく成長していくという内容でした。
その童話で大きな役割を果たしたのが「モチノキ」
私はモチノキを見るとその童話を思い出してしまいます。

f0103667_13115110.jpg



クコ
薬用にもなるようですね。
f0103667_13123826.jpg



マサキ
どこにでもあるありふれた木で、いつも目立たない存在ですが、赤い実をつけた今、しっかりと自己を主張し、輝いているようです。
f0103667_1314024.jpg



マンリョウ
ツワブキの綿毛といっしょに、仲良く咲いていました。
f0103667_13154048.jpg


おまけ
今の時期、白い、こんなに清楚な花をつけるこの木はなんでしょうか・・・
ご存知の方、教えてください。

f0103667_13181296.jpg


by mimishimizu3 | 2012-01-07 13:22 |
2011年 12月 21日
温室の花
暗い画像が続いたので、なにか明るい花を・・・と思ってハードディスクを探しましたが・・・

温室の花

どういうわけか、温室に入ると、あまり「写したい」という思いが沸かなくなってしまって・・・

温室の花、きれいなのですがねえ・・・(^.^)


f0103667_1042215.jpg



f0103667_10463612.jpg



f0103667_10492327.jpg



へそ曲がり・・・
こんなのばかり目に付きます !(^^)!
f0103667_10473120.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-21 10:50 |
2011年 12月 16日
冬のバラ
多くの仲間は 枯れてゆき
無様な姿をさらしているのに

懸命に生きようとしている
冬のバラ

昨夜来の雨の雫が

涙のように
光っていた

f0103667_10463258.jpg


f0103667_10464990.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-16 10:46 |
2011年 11月 01日
ホトトギス
鳥のホトトギスは初夏に鳴きます。
なぜ秋に咲くこの花が、ホトトギスと言われるのか、不思議でした。

花にある斑点模様が鳥のホトトギスの胸にある模様と似ているからだそうですね。
そういわれても、鳥のホトトギスも直に見たことはないので、「そうなんですか・・・」というしかありませんが、
この花を見ていると、たしかに春に咲くより秋に咲くほうが似合うような気もしてきます。

花ことばは「秘めたる意思」とか・・・
持ちたいですね。「秘めたる意思」・・・

f0103667_1042337.jpg


by mimishimizu3 | 2011-11-01 10:43 |
2011年 08月 09日
阿蘇で出会った花々
私はやっぱり野の花が好き・・・・
阿蘇に行って雄大な景色に感動し、大きく息を吸っても、そのあとですぐ、道端やヤブに咲いている小さな花々に目が行ってしまいます(笑)
今日はそんな野の花を・・・


ヒゴタイ
阿蘇と言えばヒゴタイ
でもまだちょっと時期が早かったようです。紫の色がまだ出ていません。
でも、阿蘇にしかない花とか・・・紫になったところを想像して見てくださいませ(^0_0^)
f0103667_11372093.jpg



キスゲ?
ユウスゲかキスゲか、私には区別がつきません。
f0103667_11391293.jpg



アソノコギリソウ
ピンクのアソノコギリソウはあまりみかけません。白が多いですね。
f0103667_11403545.jpg



白のアソノコギリソウ
f0103667_1141531.jpg



オニユリ
阿蘇でなくても咲いている花ですが、薮の中にひときわ目立つ花なので撮ってしまいました。
f0103667_11423061.jpg



ツクシフウロ?
確定はできません。ご存知の方、教えてください。
f0103667_11432290.jpg



おまけ

赤い胴体のきれいなトンボもいました。
トンボの名前はわかりません。どなたか教えてください。
f0103667_11444019.jpg


by mimishimizu3 | 2011-08-09 11:46 |
2011年 07月 01日
雨にうたれて
梅雨の雨が続いています。

今日は撮り溜めていた花々を・・・


ネモフィイラ
f0103667_9351011.jpg



ラベンダー
f0103667_933463.jpg



ハナショウブ
f0103667_935563.jpg


  
   おまけ

最近、おしゃれなレインシューズを履いている方を時々見かけます。
レインシューズ、昔は雨の日は当たり前でした。いつの間にか雨の日でも普通の靴を履くようになって・・・
でも雨の日はやはりレインシューズがいいですね。

あるところで見かけた、天使のはねが付いたおしゃれなレインブーツ、子ども用ですが、こんなおしゃれなレインブーツでしたら雨の日も楽しく出かけたくなるでしょうね。。
アメリカ製だそうです。

f0103667_941548.jpg


by mimishimizu3 | 2011-07-01 09:43 |
2011年 06月 23日
雨に咲く花
雨に打たれて静かに咲いている花といえば、あじさいがまず思い浮かびますが
花菖蒲もまた、しっとりとした雨によく似合う花でしょう。


f0103667_8533985.jpg



f0103667_854047.jpg



f0103667_8541736.jpg


by mimishimizu3 | 2011-06-23 08:54 |
2011年 06月 21日
サボテンの花
サボテンは刺があって、人を寄せ付けない雰囲気ですが、花はとても美しく、驚いてしまいます。
そういえば、16日にアップした「月下美人」も、サボテンの一種でした。
今日は、出会った数種類のサボテンの花をアップします。


月下美人の色違いのよう・・・
f0103667_1610297.jpg



f0103667_16105434.jpg



f0103667_16112196.jpg



f0103667_16114537.jpg


様々な形の花があり、とても面白いですね。

でも・・・
「サボテンの花」といえば・・・

この名曲を忘れるわけにはいきません。
財津和夫「サボテンの花」

「ほんの小さな出来事に  愛は傷ついて 君は部屋を飛び出した・・・」

愛が傷つくとき、それは多くの場合、ささいな、本当に小さな出来事であるのかもしれません。
何十年続いた愛だって、相手の何気ない言葉、何気ない動作、何気ない反応に、いっぺんで愛が冷めてしまうことだってあるでしょう。

この歌の中で歌われている「サボテンの花」はとても小さな、鉢に入ったかわいいサボテンだったでしょう。実に効果的に使われていますね。

by mimishimizu3 | 2011-06-21 16:24 |
2011年 06月 16日
月下美人
以前、福岡市植物園のホームページで、「月下美人鑑賞会」の参加者を募集していました。
何気なく、メールで応募しておいたところ、13日の午前、「月下美人が今夜開花しますから、お越しください」とメールが入っていました。
月下美人は、その日にならなければ、その夜咲くかどうか判断ができないのでしょう。

夜開き、朝には落ちてしまう、一夜限りの儚い花
写真で見る月下美人の気品ある姿は、まさに「月下」の「美人」
開花の瞬間に立ち会えるのは、またとないチャンスです。夜の植物園に出かけました。


20:04:02
まだ、まだ硬いつぼみです。
f0103667_83876.jpg



20:16:52
ほんのすこし、つぼみが開きかかりました。
まるで、美人がおちょぼ口をしているようです。
f0103667_8415364.jpg



20:44:16
だいぶ口が開いてきました。同時に、なんとも言えない甘い香りが漂ってきました。
うっとりとしてしまうほどの、高貴な香りです。
f0103667_8454592.jpg



21:02:27
半分以上、開いてきました。
f0103667_8485813.jpg



21:18:26
完全に開きました。
夢のような花です。
夜にしか咲かない、その神秘さが、人を魅了するひとつの鍵になっているのかもしれません。
貴重な体験をいたしました。

f0103667_910146.jpg


by mimishimizu3 | 2011-06-16 09:15 |
2011年 06月 05日
白い花
梅雨に入り、絹糸のような雨が降っています。
ふと庭を見ると、白い花がいくつか咲いていました。


ネズミモチ
ありふれた木
いつもは気にも止めない木ですが、一年の今だけ、白い花を纏い、精一杯命を輝かせています。

f0103667_9235094.jpg



ドクダミ
匂いは強烈、でも、漢方薬には欠かせない花でしょう。
鼻をつまみたくなる臭いからは想像もできない、可憐でかわいい花を咲かせています。
f0103667_9271636.jpg



ユキノシタ
花が咲く前。早春の頃、この葉っぱを天ぷらにして食べました。
ほのかな甘味があり、サクサクとした食感もすばらしく、なんども我が家の夕食を豊かにしてくれました。
f0103667_930395.jpg


おまけ
南天に付いていたもの・・・・
かまきりのあかちゃんがはいっているのでしょうか
たくさんの、かわいい赤ちゃんカマキリが誕生したら楽しいですね。
f0103667_943047.jpg


by mimishimizu3 | 2011-06-05 09:43 |