<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 30日
オオバコの歌
         オオバコの歌

      踏まれ続け
      蹴られ続け
 
      疎まれることはあっても 
      愛されることはなく

      「咲く」という言葉でさえなく
      「はびこる」と呼ばれ

      それでも オオバコは咲いている

      年に数日だけ
      ひっそりと 白い小さな花を身にまとい

      オオバコは 精いっぱい 
      命の歌 を  うたっている

                mimi

f0103667_13145153.jpg


by mimishimizu3 | 2006-09-30 13:15 |
2006年 09月 29日
九州国立博物館
九州国立博物館、略して九博は、05年10月に、東京、京都、奈良についで4番目の国立博物館としてオープンしました。
太宰府天満宮に隣接する山を削り、菊竹清則氏の設計による、モダンな建物が出現しました。

私は何度も訪れていて、そのたびに写真も撮るのですが、うまくいきません。
まだまだ、私のスキルでは無理のようです。
が、そうばかりもいっておられませんので、思い切ってアップしてみます。


全体
屋根の波打っているのは、玄海の荒波をイメージしたものと聞いたことがありますが・・・真偽のほどはわかりません。でも、そういわれて見ると、たしかにそう見えてきます。
ハーフミラーの外面は周囲のしたたる緑を取り込んで、とても美しい景観です。
f0103667_102376.jpg


側面
f0103667_1061962.jpg


エントランスホール
ユニークな高い天井と、ユニークな窓。
明暗差がありすぎて、外が白とびしています。トホホ・・・
f0103667_1043139.jpg


あじっぱ
一階には「あじっぱ」と名づけられたコーナーがあり、アジアの様々なグッズが展示されています。勿論入場は無料です。
そこでは実際に手にとっておもちゃで遊んだり、楽器を鳴らしたりすることもできます。子どもだけでなく大人にも大人気のコーナーです。
この親子は、後ろの、南蛮図屏風の前で、屏風に描かれたと同じマントを着ています。子どもさんは楽しそう、お父さんは記念撮影に余念がありませんでした。
(ちょっとピントが甘いですねえ・・・(笑)
f0103667_10131855.jpg


同じくあじっぱ
おもちゃで無心に遊んでいました。
f0103667_10202636.jpg


おまけ1
このおじさん、覚えていてくださる方もおありではないでしょうか。
このブログの前身、「日々の思いを」の3月16日に、「まんじうをめぐる心理劇」に登場してもらった,大道芸人で、猿回しをなさるかたです。
今回、天満宮を抜けるとき、ふといらっしゃるのに気づきました。猿は見当たりません。
「猿はどうしたですか」と聞くと、まだ車の中で待機しているとのことでした。
私は、時間がなかったのでそのままそこを後にしたのですが、「毎日が地獄です」と書かれたTシャツを着て歯の無い顔で楽しそうに笑っておられる姿は印象に残るものでした。
f0103667_10291175.jpg

おまけ2
この虹の動く歩道も「日々の思いを」3月11日にアップしました。その時は天満宮から登ってくる方角から撮ったのですが、今回は天満宮に降りていく方向から撮ってみました。
あまり進歩はしていませんねえ・・・
f0103667_10341178.jpg


by mimishimizu3 | 2006-09-29 10:36 | 福岡
2006年 09月 27日
曼珠沙華のある風景
曼珠沙華のある風景

   こうべを垂れた稲穂の傍らに
   背筋を伸ばし、
   すっくと立つ曼珠沙華
f0103667_1137694.jpg


   一枚の田を
   護るように
   抱くように
f0103667_11385047.jpg

 
   燃える炎
   流れる血潮
f0103667_1143996.jpg


   だが・・
   雲は行き
   鳥が飛び
   風がそよぐ秋の日差しの中で
   曼珠沙華は静かに
   ゆっくりと、溶けてゆく・・・
f0103667_11503819.jpg

   


   

by mimishimizu3 | 2006-09-27 11:52 |
2006年 09月 25日
室見川灯明まつり
室見川灯明まつりがひらかれました。場所は、8月22日、「いきみないと祭り」で紹介したところです。一瞬、なぜ、同じところで同じようなおまつりをするのかしら、と思いましたが、正確に言えば、いいみないとの時は川の左岸、今回は右岸。
川を挟んで西区と早良区(さわらく)と、区が異なるので、主催団体も異なっているのでした。

川の河川敷に約一万個の手作りの灯明が並べられ、灯りがともされていきます。
一万個もの灯明を作るだけでも大変でしょうし、そこに灯りをつけていくという作業もたいへんなことだったでしょう。

でも、灯りがともされると、あたりは見慣れた風景がガラリと変わり、幻想の世界へといざなわれていきました。


そろそろ暗くなっていきます。
f0103667_6281142.jpg


一個、一個明かりをつけていきます。
f0103667_6304215.jpg


子どもたちの作った、灯明。
f0103667_6333968.jpg


f0103667_634166.jpg


f0103667_10255081.jpg


by mimishimizu3 | 2006-09-25 06:40 | 福岡
2006年 09月 23日
枯淡 紫陽花の今
15日の「おまけ」にも載せましたが・・・・
梅雨の頃、とてもきれいな花をみせてくれた、紫陽花の今の姿をもう一度アップします。

紫陽花が花の時期を終えると、私は枝から切り落とし、太陽と風と雨と時間にゆだね、自然に枯らしてもらいます。花びらの繊維が落ちてゆき、秋になった今、レース状の花に変身します。
咲き誇る盛りの時期の花も美しいですが、レース状になったこういう花も私は好きです。

以カタツムリ君が友情出演してくれました。

f0103667_11232752.jpg


by mimishimizu3 | 2006-09-23 11:28 |
2006年 09月 21日
赤まんまの花
            赤まんまの花
 
    柿の葉がお皿で 赤まんまの花がゴハンだった
    ままごと遊びの 遠い秋の日

    そのまま 森に通じる庭の隅で
    藁のむしろは ひんやりと冷たかった

    森からは ときおりさっと風が吹き来て
    二人の少女は おびえたように森を見つめた

    あれから・・・人生という名の森を
    少女は どのように歩み すすんだのか

    今年また 秋が来て
    赤まんまの花は 咲いたけど

    風は もう一人の少女のことを
    私に 何も語ってはくれない

                             mimi

f0103667_1213.jpg


    

by mimishimizu3 | 2006-09-21 01:03 |
2006年 09月 19日
アジアの風Ⅱ  熱唱
台風騒動で気勢がそがれてしまいましたが、アジアの風、パートⅡです。

モンゴルの青年、4人による「カメルトン」という名のアカペラで歌うグループです。
カメルトンとはモンゴル語で、音叉を意味する言葉だそうです。
普段着に、一人は茶髪、一人はピアス、一人はサングラス。日本のどこにでもいる若者と少しもかわりません。

歌は何語で歌っているのかわかりませんでしたが(笑)、日本語でないことだけはたしかでした。
ポップ調あり、ゴスペル調ありで、心に響く、透明感溢れる歌声でした。
モンゴルの今、を垣間見た思いです。

後ろの巨大バックスクリーンに映し出されたとき、ダブルイメージが面白く思えたので、撮ってみました。
気のせいでしょうか・・・朝昇龍に似ていると思われませんか???


f0103667_922244.jpg



f0103667_12551099.jpg


by mimishimizu3 | 2006-09-19 13:02 | 福岡
2006年 09月 18日
台風お見舞いありがとうございました
皆様
昨日からの台風13号につきまして、たくさんのかたからお見舞いのコメントをいただきました。
ありがとうございました。
心より篤くあつく御礼申し上げます。

とてもひどい台風で、ご近所ではガレージが全滅したり、瓦が飛んだり、壁が壊れたり、といったところも多かったのですが、幸い私のところは庭木がなぎ倒されただけで済みました。
ただ、昨晩、いただいたコメントに返信を書いていた最中、停電になり、と同時に電話が不通になったのです。のみならず、ネットも不通になってしまったのです。
サーバーの故障です。

サーバーが復旧したのは、今日の午後、約16時間も経ってからでした。
電話もネットもつながらない状態が16時間も続いたのです。ケイタイは通じていましたので、
それほど恐いとは思いませんでしたが、このネット社会のもろさを思い知らされた感じでした。

ともあれ、ご心配いただきましたこと、改めてこころよりお礼申し上げます。

今日の近くの光景です。
f0103667_2213748.jpg


by mimishimizu3 | 2006-09-18 22:02 | 季節の挨拶
2006年 09月 17日
アジアの風
9月の福岡はアジアの風に染まります。

「アジアマンス」と名づけられたこのイヴェントは今年17回目をむかえました。
各種団体やグループ、サークル等々が、様々な形で80ものアジアとの交流がなされますし、
市役所前広場ではアジア屋台が出て、アジアのおいしいものや、アジアングッズが売られたり、特設舞台ではいろいろな国の、民族舞踊やパホーマンスが披露されます。
私は、この市役所前のパホーマンスが楽しみで、たいてい足を運びます。


ベトナムのお店のかた。
アオザイがとても美しかったので、写真とらせてください、とお願いしたら、コチコチに緊張されてしまいました(笑)
ちなみにこの方はベトナム女性ではなく、日本人のアルバイトさんでした。
f0103667_5173692.jpg


韓国の女性は気さくに応じてくださいました。
f0103667_522471.jpg


アジアングッズコーナーはこんな感じです。
f0103667_525145.jpg


特設舞台
これはスリランカの太鼓
f0103667_527255.jpg


スリランカの チャンナ・ウプリ という舞踊団。
2500年前から行われている舞踊に、現代をミックスしたものだそうです。
こんなことをいうと笑われそうですが、見ていてついつい、踊り手のおへそに目がいってしまい、困りました(笑)
きれいで、かわいくって、チャーミングで、セクシーで・・・・
f0103667_5405138.jpg


f0103667_5421091.jpg

f0103667_544143.jpg


by mimishimizu3 | 2006-09-17 05:46 | 福岡
2006年 09月 15日
あなたはだあれ・・
いろいろな方のブログを拝見していると、種切れになったときの対処も様々なようです。
出かけられる方、ペットに登場願う方・・・・

今朝、種切れになった私は、出かけるのもおっくうだなあ・・と思い、ふらりと、狭い庭にでてみました。

カメラを始めて、よかったなと思うことはたくさんありますが、そのうちの一つが、私には、身近なものも、珍しいものも、同等に楽しく感じられることです。
狭い庭にも、さまざまなドラマがあるようでした。

「あなたはだあれ」
そう聞いてみたい虫たちにであいました。
ご存知の方、教えてください。


カナブンでしょうか・・・
タマスダレでお食事中でした。
f0103667_1302019.jpg


この虫さんは何でしょう・・・芙蓉の葉っぱを食べつくしていました。
f0103667_1383034.jpg


蚊でしょうか・・・
クローズアップレンズで撮りました。
肉眼ではこの縞模様は見えません。クローズアップは面白いですね。
マクロレンズなら、もっと、もっとおもしろいのでしょうね・・・
ああ、マクロがほしいいでーーす(^^♪
f0103667_131039100.jpg

おまけ1
これはなんだかお分かりでしょうか・・・・
紫陽花の枯れた花です。葉脈がレースのようになっています。
来年はもっときれいに枯らして、きれいに撮りますね(笑)
f0103667_13241117.jpg

おまけ2
クローズアップレンズの練習です。
まだ、オシロイバナが咲いていました。結構長い命ですね。
f0103667_13125698.jpg


by mimishimizu3 | 2006-09-15 13:15 |