<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2007年 08月 29日
サザエさん発案の地
サザエさんを知らない日本人は・・・・・おそらくいないのではないでしょうか・・
時の総理大臣の名前を知らなくても、サザエさんの名前は知っている、そんな話しを聞いたことがあります。

でも、「サザエさん」が福岡で生まれた漫画であるということは、案外知られていないのかもしれません。

西新(にしじん)の一角に「磯野広場」という、広場ともいえないほどの小さな空間ががあって、そこに「サザエさん発案の地」のプレートがあります。


f0103667_13343879.jpg



ここが以前は海岸であったといわれても、わたくしにはピンときません。
ただ、変われば変わるもの、としかいいようがありません。
フェンスの向こう側は,西南学院大学の運動場。その向こうに見えるのはシーホークホテルです。
f0103667_13395943.jpg



「磯野広場」
緑地というのも、おこがましいほどです。
海岸をイメージして、貝殻などがほどこされています。
左の石の上にはカニがいるのですが、おわかりいただけますか・・・

f0103667_13432996.jpg


西新については今年の1月19日に「西新商店街」というタイトルでアップしています。
よろしかったらそちらも覗いてみてください。
先日買い物に行きましたら、結構賑わっていました。
1月は寒かったから、リヤカー部隊も少なかったのでしょう。
アナログ商店街、がんばってほしいものです。

by mimishimizu3 | 2007-08-29 13:49 | 福岡
2007年 08月 27日
雑草と呼ばれる花々   №12
お盆を過ぎ、「雑草」も秋のバージョンになっていきます。


ミズヒキソウ
いつだったか、柿右衛門展で、ミズヒキソウが描かれたお湯飲みをみたことがあります。
とてもステキなので、ほしいなあと思いましたが・・・・・ゼロが多すぎました(笑)

f0103667_8214652.jpg



ヤブラン
ヤブランは今、栽培種として愛され、多くの庭で咲いているようです。わが家の庭にも植わっています。
しかし、本来はこの写真のように、まさに「藪」に自生して咲いていたものなのでしょう。
「藪」に咲いているヤブランを見かけたとき、ちょうど陽の光に当たり輝いていたこともあるでしょうが、ヤブランが自生していることを喜んで、生き生きしているように思われました。

f0103667_8334547.jpg




イタドリ
イタドリはいつも見ているのに、今まで花が咲いていることなど気づきもしませんでした。
「雑草」シリーズを始めてから、「雑草」を丁寧にみていると、こんな雑草が、こんなきれいな花をつけていたのかと驚かされます。
イタドリも、ほんの短い間、白い花をつけるようです。

f0103667_8381447.jpg



おまけ   アスパラガス

これは雑草ではありませんが・・・
いつだったか、アスパラガスを一株いただき、庭に植えておきました。
アスパラはなりませんが、増えて、増えて・・・雑草のように庭を占領しています。
よくみると、数ミリの小さな花をつけていました。かわいいので、マクロで撮ってみました。
小さすぎて、私のウデではまだ、ピンが甘いのですが・・・・

アスパラガスをいただくとき、この花のこと、ちょこっと思い出してくださいませ(笑)
f0103667_843263.jpg


by mimishimizu3 | 2007-08-27 08:46 | 雑草と呼ばれる花々
2007年 08月 26日
いきみないと祭り
昨年の8月22日、室見川河畔で開催された「いきみないと祭り」をアップしました。
今年も行われましたが、昨年よりかえって規模は小さくなり、テントの絵柄なども、あまりありません。
ちょっと拍子抜けしました。その上、途中から雨が降り出し、カメラ大事と、早々に逃げ帰りました(笑)


橋の上から

f0103667_14595225.jpg




それでも、手作りの灯篭に照らされた遊歩道を歩くと、幻想的な雰囲気につつまれます。
f0103667_152735.jpg



テントの前では、手作りの品が売られていました。

f0103667_153267.jpg



逝く夏を惜しむかのように、家族連れなどそれぞれが楽しんでいるようでした。

f0103667_15115862.jpg


by mimishimizu3 | 2007-08-26 15:13 | 福岡
2007年 08月 25日
終焉の時

 いのち はてるとき
 トンボの目は 何を見つめているのだろう

 空高く飛んだ日、
 少年の白い網と戯れた日
 真っ赤な夕日に向かってどこまでも飛んだ日
 
 思い出の全てを
 空に返して・・・

 今ここに 一つの命が終わり
 今ここに 一つの夏が 逝く

 
f0103667_828102.jpg


by mimishimizu3 | 2007-08-25 08:29 |
2007年 08月 21日
習作  くもの糸
くもの巣はたいそう魅力ある被写体ですね。
いつも撮ってみたいなあ・・とおもいつつ、うまくいきません。
仕方がないので、マクロで撮ったものを、フォトショにかけて、遊んでみました。


銀河への夢

f0103667_10183712.jpg



忘却のかなたへ

f0103667_10172489.jpg


(^_^)
!(^^)!

by mimishimizu3 | 2007-08-21 10:20 | 自然 風景
2007年 08月 20日
夜の動物園
連日の猛暑。
日中は出歩く元気はでませんね。

「夜の動物園」と銘打って、8月の土曜日の夜だけ、動物園の夜間開放が行われるので、夕涼みをかねていってみました。
トラやライオンは夜行性なので、夜のほうが面白いのは確かなのでしょうが、それらもこの連日の暑さに参っているのか、それほど元気はありませんでした。

何より暗いし、何重もの檻がありますし、写真は全てボツ。全滅状態でした。来年への課題ができました。


開園は午後6時なのですが、6時前から門の前には黒山の人だかり、係りの人はマイクロホンでがなりたてています。

f0103667_10192283.jpg


この時期、福岡は7時ごろまで日があります。
植物園の展望台にのぼり、日没をみることにしました。
(福岡の動物園は、正式には 福岡市動植物園   といい、動物園と植物園がつながっていて、自由に行き来できます。便利なところです(笑))
f0103667_10194434.jpg




夜の動物は、結局撮れませんでした。
そういえば、私は今まで、動物を撮ったことなどほとんどありません。そんな私がいきなり夜の動物を撮ろうというのが、所詮無理な話なのでしょう。
ペンギン舎は少しは明るかったので、カメラを向けたのですが、ガラスは汚れているし・・・・
f0103667_1020724.jpg


by mimishimizu3 | 2007-08-20 01:40 | 福岡
2007年 08月 17日
何か涼しくなるものを・・・
暑いですね

口をついてでてくる言葉は「暑いですね」しかありません。
74年ぶりに暑さの記録更新とか・・
40.9度という暑さは、もう人間から思考能力を奪い取ってしまうものではないでしょうか。
何かしようという意欲も、しなければという義務感も、この暑さの前ではたちどころに蒸発してしまいます。

クーラーは好きではありませんが、この夏ばかりはそうもいっていられません。
冷房の中に埋まりながら、何か涼しいものはないかなと、パソコンを探してみました。


やはり、涼しいものといったら、滝でしょう。
f0103667_1643227.jpg



水族館の中のものも、ちょっと涼しげではありませんか??

f0103667_1655973.jpg


おまけ
f0103667_17272073.jpg

トンボを出しても別に涼しくはなりませんねぇぇ(笑)
でも、このトンボ、なんと言うトンボかは知りませんが、なぜか秋を運んでくるとんぼのようなきがいたしました・・・ホントカナ・・・・

この暑さもあとすこしとのこと、早く秋が来るといいですね。

by mimishimizu3 | 2007-08-17 16:08 | 自然 風景
2007年 08月 16日
金魚すくい
夏の夜。
夜店の金魚すくいは、一つの風物詩ですね。

「貸してごらん、おとうさんがやってあげよう」といって、幼い子からとりあげたおとうさん、
お父さんのほうが夢中になってしまっているようです(笑)

f0103667_7174739.jpg


by mimishimizu3 | 2007-08-16 07:17 | 自然 風景
2007年 08月 15日
みたままつり  by 福岡護国神社
8月15日によせて
 
  銃弾に倒れ
  炎に焼かれ

  海に沈み
  空に散った

  多くのみたまよ

  飢えに苦しみ
  愛するものを失った

  たくさんの犠牲者よ


  今日 8月15日
  忘れることのできない
  暑い夏の日
 

  全てのみたまよ

   やすらけくあれ!



f0103667_829024.jpg



f0103667_8292482.jpg




f0103667_8294813.jpg



ちょうど雅楽が奉納されていました

緩やかな、ゆったりとした、優雅な音色が、漆黒の闇の中を流れ、一つ一つの光の中に、静かに吸い込まれていくようでした。

f0103667_8302671.jpg




f0103667_8324772.jpg


by mimishimizu3 | 2007-08-15 05:29 | 福岡
2007年 08月 14日
雑草と呼ばれる花々   № 11
暦の上ではとっくに秋になったというのに、残暑、というには厳しすぎる暑さが続いています。
みなさま、どうぞ体調にはくれぐれもお気をつけて、この暑さを乗り切ってくださいませ。

その暑い最中、「雑草」中の「雑草」・・・・・日本中どこの空き地にも、草むらにも、道端にも咲いている、エノコログサと、メヒシバが、1ミリか、2ミリぐらいの小さな、小さな花をつけています。
肉眼では、そうと知って見なければ見過ごしてしまうでしょう。

命の輝きです。
こんな雑草にも、こんな命の輝きがあるのですね。

足元のエノコログサとメヒシバを踏み潰す前に、そっと手にとって眺めてみました。


エノコログサ
f0103667_5293989.jpg



??
カモジグサ??

f0103667_531865.jpg



ヤブミョウガ
ヤブミョウガは、確かに藪の中に咲いていました。
秋にはルビーのようなきれいな実をつけるそうです。
楽しみです。

f0103667_5325185.jpg



そのヤブミョウガがさいていた藪。
最近、こうした藪がどんどん潰され、宅地になっています。
藪、という無用のもののように見えたものが、失われてみるといかに大きな役目を果たしていたかがわかります。
こうした藪はふっと人々の心を癒していてくれたのではないでしょうか・・・
この「藪」がいつまでも「藪」であり続けていてくれますように・・・・と願わずにはいられませんでした。

f0103667_5383511.jpg


by mimishimizu3 | 2007-08-14 05:28 | 雑草と呼ばれる花々