<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2008年 03月 31日
折尾駅
先日の「菜の花鉄道」撮影会は、折尾駅から始まり、折尾駅で解散となりました。

私は、折尾駅に降り立ったことはありませんでした。
今まではいつも通過駅にすぎなかったのですが、初めて折尾駅に降り立ち、噂に聞いていた、この駅のすばらしさを堪能いたしました。


駅舎
大正5年に建てられた木造の駅舎。
門司港駅と並ぶ、ルネッサンス様式です。

f0103667_1530613.jpg



ベンチ
折尾駅に行ったら、ぜひカメラに収めて置くように、と聞いていたベンチ。
大正ロマンが香ってくるようなベンチです。黒光りがなんともいえない風格を漂わせています。どれだけの人が、このユニークな、丸い、美しいベンチでやすんだことでしょうか。

f0103667_15325931.jpg



折尾駅は、日本最古の立体交差駅です。
初めて行ったので、どこがどうなっているのかわからず、うろうろしてしまいました。
この地下通路も、明治24年の建設当時そのままの、赤煉瓦が使われているそうです。

f0103667_1542849.jpg



立体交差のホームに向かう階段。

f0103667_1545401.jpg



駅のプラットフォームはびっくりするほどのカーブになっています。
このカーブをうまく使ったら、夕方、あるいは朝早く、あるいは終電近く、いろいろドラマチックな場面が演出できそうだな、などと考えてしまいました。

f0103667_15493038.jpg




でも、でも・・・
最後に・・・・

折尾駅は、なんといっても、駅弁が有名なのです(笑)
おいしい「かしわ弁当」
勿論お土産に買いました。

博多駅でも売っているので、時々買って帰ることもあります。かしわのそぼろと、錦糸玉子、のりの三食ご飯は、いつたべてもおいしいです(^.^)

f0103667_155444100.jpg


折尾駅はあと数年でこの駅舎は壊され、新しく生まれ変わるそうです。
旧きよき時代が、また一つ消えてゆくのでしょう。
このベンチも、地下通路も、あと数年の命と思うと、寂しい限りです。

by mimishimizu3 | 2008-03-31 16:01 | 福岡
2008年 03月 30日
雑草と呼ばれる花々   № 23
小さな里や、菜の花鉄道を撮った時、一緒にカメラに収めたものです。


カキドオシ
垣根を通り越して繁茂していくとか・・・
でも、花はけっこうかわいいです。

f0103667_9583162.jpg



ヒメウズ
本当に可憐な花です。1センチぐらい、草むらの中にそっと、そっと咲いていました。

f0103667_9593082.jpg



ヨモギ
ヨモギといえば「ヨモギ餅」(笑)
おいしいですね。

f0103667_1004310.jpg



セトガヤ
はじめ、スズメノテッポウかと思いました。
スズメノテッポウが花をつけているものとばかり思ったのですが、調べてみると、どうもセトガヤではないかと思われてきました。
詳しい方がいらしたら、教えてください。

f0103667_1025325.jpg


by mimishimizu3 | 2008-03-30 10:04 | 雑草と呼ばれる花々
2008年 03月 25日
菜の花鉄道


f0103667_15361372.jpg




f0103667_15363125.jpg




f0103667_1537729.jpg




f0103667_15382071.jpg


5

f0103667_15432344.jpg


by mimishimizu3 | 2008-03-25 15:38 | 自然 風景
2008年 03月 23日
里の春
 ひばりの鳴き声が聞きたくて

 ツクシの坊やの顔がみたくって

 小さな峠を一つ超えて

 小さな里に

 春を探しにいきました



小さな里には、アンズが咲いて・・

f0103667_916242.jpg



レンギョウもさあ、咲こうかな?と首をもたげ・・

f0103667_9171041.jpg



山の雪解け水も、春がきたよと、喜びをかみしめるように勢いよく流れ・・
f0103667_9185461.jpg



自然は、春の訪れを告げていました。

でも、里には、廃屋が目立ちました。
杏も咲き、椿も咲いて、自然は何時もと変わりなくめぐってくるのに、人のすまなくなった家は、春の温かい風の中で、ちょっとさみしそうでした。

f0103667_9391934.jpg


人の住んでいる家も

この家の前の畑は、きっと以前はもっと手入れがされていたのではないでしょうか。
首を切られたダイコンと、打ち棄てられたバケツが、、ユーモラスのようでもあり、なんとなく悲しそうでもありました。
f0103667_9442189.jpg


里を後にして、帰りかけたとき、遠目に、菜の花の一群が見えました。
最後に菜の花を撮っていこうと、近づいてみると・・・

それは菜の花ではなく、野菜として植えられたミズナが、トウがたち、菜の花と全く同じような花をつけているものでしした。

f0103667_9514022.jpg


by mimishimizu3 | 2008-03-23 09:57 | 自然 風景
2008年 03月 22日
これは何でしょう・・・
ヘンなものシリーズ・・・です(笑)

私は、どうも、食べるものを撮るのが苦手です。
このブログでも、食べるものが登場したことはほとんどありません。
おいしいものを、とてもおいしそうに撮られている写真を見るたび、いいなあ・・・私も撮りたいなあ、とは思いつつ、カメラを向けるより前に、食欲が動いてしまい、いつも、「後のまつり」です(笑)

でも、今回、これは、食べる前に、絶対とっておこうと思いました。
なんだかお分かりでしょうか・・・・
福岡の方、沖縄の方などは、あるいは、すぐお分かりかもしれませんね(*^^)v


f0103667_19354543.jpg



f0103667_19364318.jpg



f0103667_1937025.jpg



ちなみに、今日の夕食で、2をいただきましたが、軟骨が、こりこりとして、歯ごたえもよく、とても、とてもおいしいものでした(^.^)

by mimishimizu3 | 2008-03-22 19:40
2008年 03月 21日
雑草と呼ばれる花々   № 22
春の野が賑やかになってきました。



タネツケバナ
今頃、九州の、早春の田んぼの周りには、この花がたくさんさいています。
群生すると、きれいですが、一つ一つは小さくて・・・なかなかピントがあってくれません。

f0103667_7212245.jpg



ムラサキハナナ
この花はきれいですから、園芸種として、庭に植えられている方も多いようですね。

f0103667_7191891.jpg



キュウリグサ
ワスレナグサをもっと小さくしたような雑草です。今の時期、道端や空き地よく咲いていますが、あまりにも小さすぎて、あまり人の目に止まらないようです。
私も、この「雑草シリーズ」をするようになるまでは、全く気がつきませんでした。
2ミリか3ミリの花、タネツケバナ以上に、ピント合わせに苦労しました。
これもピンが甘いといわれそうですが、これが今の私の限界です。

f0103667_15171917.jpg



ハナニラ
最後にちゃんとピントがあったものを・・・(笑)

f0103667_7341711.jpg


85

by mimishimizu3 | 2008-03-21 07:35 | 雑草と呼ばれる花々
2008年 03月 20日
早春の大濠公園
大濠公園は、いつ行っても清清しいところです。
のんびり散歩する人、読書する人、ウオーキングする人、ジョギングする人。。。
鳥たちのさえずりも、子どもの遊ぶ声と一緒にひびきます。

先週の月曜日、3月10日の大濠公園です。


f0103667_716095.jpg



f0103667_7173485.jpg



「公園で見かけたヘンなもの・・」
大濠公園は、自転車までは乗り入れが許されていますが、車、バイクは禁止です。
この車、なんなんでしょう・・・
九州電力のCO2削減のキャンペーンのようです。
あっという間に通り過ぎてゆきましたので、「正体不明」(笑)
今度あったら、ちゃんと聞いておきます。
f0103667_7182445.jpg



大濠公園の周りは、マンションだらけです。
そのマンションの一つに住む友人が以前、「夜、なんだかとてもヘンな鳴き声が聞こえてきて、なんだろうと思っていたら、大濠公園にいる白鳥の鳴き声だったのよ、もう、なんともいえない悲しい声なの」と話していました。
白鳥がいるの知っていましたが、何でいつもこの公園にいるのかしら、と思っていたら、羽根に怪我をしてしまい、飛べないのだそうです。
そう聞くと、よけいこの白鳥の「アイチャン」がかわいそうになりました。

まさに、   

    しらとりは   哀しからずや  

         空のあお  海のあおにも
               
               そまず  ただよう
ですね。

f0103667_733018.jpg


by mimishimizu3 | 2008-03-20 07:37 | 福岡
2008年 03月 17日
街で見かけたヘンなもの(^.^)

f0103667_2126922.jpg


信号で待っていたとき、ふと目に付いて・・・
何気なく、ぼけっと眺めていましたが、?これなに?と思って・・・
しばらく眺めて・・・
そうか・・・
今話題のあの方の言葉か・・・とはおもったものの・・・

あの方の言葉は、「宮崎を、どげんかせんと いかん」でしたよね。
それを「日本を どげんか 銭湯・・」としたのでしょうが、でも、本当はそのあとに「いかん」がつづくのですよね
「いかん」 が「 「行かん」 になってしまったら・・・「遺憾」でしょう・・
困るんではないでしょうかねえ・・・・(笑)

by mimishimizu3 | 2008-03-17 21:36 | 路上ウオッチング
2008年 03月 16日
ヒゼンマユミ  
温かい陽気が続いています。
春風に誘われるように、植物園を歩いていると、赤い花をたくさんつけた、遠くからはっきりと人の目を引く木がありました。
なんだろうと近づいてみると、それは「肥前マユミ」の赤い実でした。
マユミは地味な木ですし、いつも、何気なく見過ごしていた木が、こんな華やかな実をつけるのかと、驚いてしまいました。

f0103667_1322946.jpg



参考までに・・・
肥前の名前の通り、九州地方以南の暖地に自生する常緑小高木で、4-5月にニシキギ属特有の目立たぬ緑の花を付ける。ニシキギのようなエラはないが、枝や茎が四角な断面を持っているのが特徴である。面白いことに、秋に熟す実も、四角い形をしている。褐色に熟して裂けると、これもニシキギ属特有の赤い種子が現れる。
 学名は、Euonymus chibaeでニシキギ科ニシキギ属である。本州山口県と九州以南に分布する。

f0103667_13243516.jpg


たしかに、赤い種子がみえます。
長崎県、諫早市の市の花になっているそうです。

春に、緑色の花をつけるそうですが、今年、見過ごさないようにみてみましょう・・・

by mimishimizu3 | 2008-03-16 13:34 |
2008年 03月 13日
雑草と呼ばれる花々   № 21
久々の「雑草」シリーズです。

数週間前から、道端の雑草が息を吹き返し、元気になっているのを見ておりました。
そのうち、撮ってあげるからね、と声をかけつつ・・・なかなか機会がなくて、見過ごしておりました。


ハコベ
春一番の雑草といえば、やはり、このハコベでしょうか・・・
「ハコベはもえる岡の道・・・」という歌を、子どもの頃は、意味を考えることもなく歌っていたのを懐かしく思い出します。今思うと「燃える」ではなく「萌える」なのですね。

f0103667_6595048.jpg



ツクシ
f0103667_785198.jpg



フキノトウ
f0103667_7103452.jpg



ナノハナ
日の光を受けて、一面の菜の花が輝いていました。
ちょっとソフトに撮ってみました。

f0103667_7114516.jpg


81

by mimishimizu3 | 2008-03-13 07:12 | 雑草と呼ばれる花々