<   2010年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2010年 08月 31日
古代への入り口    窓№63
この窓を通り抜けたら、そこには「古代」があるのだろう・・・

木の実を採取し、魚を取り、けだものを追い

私は

つる性の植物をたたいて、繊維を取り出し、縒って糸にして、簡単な「布」を作り、
そこから、頭だけを出す貫頭衣をつくるだろうか

そんな生活もいいなあ・・・・

f0103667_10424127.jpg


f0103667_1043682.jpg


by mimishimizu3 | 2010-08-31 10:45 |
2010年 08月 27日
古代幻想
古代遺跡というと、佐賀県の吉野ヶ里遺跡が有名ですが、福岡にも吉野ヶ里に負けない古代遺跡があります。

朝倉市にある「平塚川添遺跡」です。

復元された竪穴住居などが古代への夢を誘っていました。


f0103667_85446.jpg


f0103667_842680.jpg


f0103667_835998.jpg


by mimishimizu3 | 2010-08-27 08:05 | 福岡
2010年 08月 26日
目にはさやかに・・・
日中はまだまだ「猛暑」が続いていますが、草むらでは、秋の虫たちが鳴きはじめ、明け方の空気はさすがにひんやりとしてきました。
季節は確実にまわっているのですね。

この時期、毎年のことながら、ふと思い出す歌があります。

    秋来(き)ぬと    目にはさやかに   見えねども

        風の音にぞ   おどろかれぬる

   (景色を見ているだけでははっきりとはわかりませんが、風の音を聞くにつけ、ふと、
    秋がきているのだな、と気づかされます)

                        藤原敏行  

古今集巻4の巻頭を飾る歌です。
この歌ひとつで、この歌人は、日本人の心の中にずっと生き続けるのかもしれません。


風の音にも秋を感じますが、ここ数日、「目にもさやかに」秋を感ずることもできます。

柿も大きくなりました。
f0103667_8193415.jpg


栗も実がはじけるようです。
f0103667_8195884.jpg


私の好きな白萩も咲き出しました。
私がひそかに「白萩の道」と名づけた疎水べりも、もうすぐ見事な白萩で覆われることでしょう。
f0103667_8225649.jpg


 暑さもあと少し、みなさま、元気でこの暑さを乗り切りましょう!

by mimishimizu3 | 2010-08-26 08:25 | 季節の挨拶
2010年 08月 24日
剣の舞
剣舞道(けんぶどう)とは詩吟等の曲にあわせて、刀や扇子を使って舞う舞のことだそうですね。
私は初めてみました。
イケメンの青年がかっこよく舞っていました。

f0103667_13392174.jpg


by mimishimizu3 | 2010-08-24 13:39 | 福岡
2010年 08月 23日
キャタピラー
キャタピラー
第60回ベルリン映画祭で、主演の寺島しのぶさんが、最優秀女優賞(銀熊賞)を獲得したことは、マスコミでも大きく取り上げられました。日本人として35年ぶりの快挙とか。
トロフィーを受け取った寺島さんが、そのトロフィーに口付けした後、どうだ!!といわんばかりに唇をぎゅっとかみ締め、トロフィーをぐっと前に突き出している映像を見たとき、私はこの女優さんは並みの女優さんではないな、と思いました。(この映像はリンクを張ってある公式HPからも見ることができます)
父親は有名な歌舞伎役者、母親は女優という恵まれた環境のもとで、「演ずる」ということはこの方にとって、天性の仕事なのかもしれません。輝かしい賞を撮った演技を見てみたいという思いと、同時に、「キャタピラー」・・・芋虫、という題名にも私は興味を覚えました。

f0103667_16224611.jpg


太平洋戦争末期、中国の戦場から、夫は両手両足をなくし、顔はケロイド状になり、耳も聞こえず、話すこともできない状態で帰還します。勲章を三つももらい、新聞にも大きく取り上げられ、周囲は「生きている軍神様」と祭り上げます。
妻である主人公は夫の世話をするのが「お国のためにつくす」崇高な任務なのだと周囲からも言われ、自分でもそう思い、懸命に尽くします。
両手、両足をなくし、芋虫のようになった夫、それでも、食欲と性欲だけは旺盛にあり、彼女は夫の性欲を満たすため求めにも応じます。この辺の箇所は、昔、ロマンポルノを撮っていた監督、決してきれいとはいえない場面のはずなのに、それを、悲しみをたたえ、叙情的に見事に映像化しています。
やがて、徐々に「生きている軍神様」と祭り上げられることに、疑問を感じ始めた主人公・・・

戦争の愚かしさ、悲惨さ、残酷さ、恐ろしさ、そして滑稽さをも、この映画は強烈に告発します。
「忘れるな、これが戦争だ」
映画のキャッチコピーは端的にこの映画の本質を言い当てています。

戦後65年、まだまだ若い監督によって、このような映画が撮られたことに、私は敬意を表したいとおもいます。
私が映画館で見たときはウイークデーの午前中でした。が、座席はほぼ満席でした。前評判も高い映画ですし、前評判を裏切らない映画です。
多くの方に見てほしい映画だと思いました。

by mimishimizu3 | 2010-08-23 16:24 | 映画
2010年 08月 22日
女郎花と蝶
秋の代用的な花、オミナエシがたくさん咲いていました。
蝶がたくさん訪れていました。

よくみると、ちょうちょうさん、いろいろな種類がいました。

カメラには収めましたが、蝶蝶さんの名前はわかりません。
ご存知の方、教えてください。


f0103667_611914.jpg




f0103667_62091.jpg



これはなんとかセセセリ・・?
f0103667_62233.jpg



f0103667_631358.jpg



f0103667_633465.jpg


暑い、暑いといっても、秋の花が咲き出しました。
女郎花は、秋の歌として、古今集などにはたくさん読まれています。
そのうちの一首

     をみなえし  吹き過ぎてくる  秋風は

        目には見えねど   香(か)こそしるけれ

     (をみなえしを吹き過ぎてくる風は目には見えないけれど香りが高いのですぐにそれと
       わかります)

                 凡河内躬恒(おうしこうちのみつね)

                     古今集巻4秋下

女郎花って、そんなににおいますかねえ・・・

by mimishimizu3 | 2010-08-22 06:20 |
2010年 08月 21日
バラ窓変奏曲   窓№62
1
f0103667_814659.jpg


2

f0103667_8299.jpg


ハノイ 大教会にて

by mimishimizu3 | 2010-08-21 08:02 |
2010年 08月 20日
右側通行
あっ、人間だ
逃げろよ逃げろ・・・

f0103667_1432511.jpg


ここはたまにだけれど、車も通るから
ちゃんと右側通行、一列縦隊で!

f0103667_14345615.jpg


by mimishimizu3 | 2010-08-20 14:36 | 路上ウオッチング
2010年 08月 19日
秋の味覚
テレビの予報では、今日も全国的に「猛暑日」になるとか・・・
みなさま、体調管理にはお気をつけくださいませ。

暑い、暑い、とはいっても、季節はやはり回っているようです。
山鹿灯籠まつりに行く途中で立ち寄った、田主丸の観光ぶどう園には、すでにおいしい巨峰がたくさんできていました。



白い袋をかけられた園内は、まるで大きな花が一面に咲いたよう・・
強い日差しに輝いていました。
f0103667_724346.jpg



巨峰を食べるより、巨峰狩りをするより前に、まず写真。
どなたも、ケータイでパチリ、パチリです。
f0103667_7264151.jpg



ぶどう棚の間からのぞく青空、きれいな夏空でした。
f0103667_733474.jpg


by mimishimizu3 | 2010-08-19 07:33 | 自然 風景
2010年 08月 18日
猛暑!
日本列島が「猛暑列島」になったようです。
例年なら、お盆を過ぎたら、風のささやきや、雲の動きに,なにとはなく「秋」を感じるものでありますのに、今年はそういうことはまだまったくありません。

なにか涼しくなる画像はないものかしら・・・とパソコンに残っている画像を探してみました。


f0103667_8304758.jpg



f0103667_8311440.jpg


高校野球の熱戦が続いています。
暑さをものともせず、プレーしている選手だけでなく、応援団の熱気にも圧倒されます。
若いっていいですね。
今日も午後から準々決勝。テレビの前で、応援しましょう・・・

by mimishimizu3 | 2010-08-18 08:35 | 季節の挨拶