<   2011年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2011年 12月 29日
年末にあたって   生と死をみつめて
今年もあとわずかとなりました。
この一年を振り返ってみると、3:11の東日本大災害があり、日本中の人々が、いやおうなく生と死を考えさせられた年でした。今年を表す漢字一字には「絆」という文字が選ばれたそうですが、2番目には「災」があがっていたとか。

個人的には、私にとって、この一年はまさに「災」の年でした。
このブログではカミングアウトしませんでしたが、2月には大きな怪我をして、3日間入院、手術。幸い、手術も成功し、怪我はまったく元通りに直ったのですが、8月ごろから、どうも体調が思わしくなく、病院にいったところ、さまざまなことがありましたが、結果的に、思いもかけない大きな病名が告げられました。着の身着のまま即入院、入院生活は45日間にも及びました。
息子たちが文字通り、飛んでやってきて、お母さんにはパソコンが必要と、個室であったことを幸い、家から私のパソコンを病室に持ち込み、無線ランでつないでくれました。
おかげで何とかブログも続けられ、入院生活の徒然も慰められました。
このブログを見ていてくださった方は、初秋から中秋にかけて、まさか私が病室からブログの更新をしていたとは思われなかったのではないでしょうか。

f0103667_16191460.jpg


「想定外」、まさかこの私が・・という思いもありました。が、しかし、自分でも驚くほど、私はその病名をすんなりと受け入れることができました。それは一つには、これまでの自分の人生を肯定していたからかもしれません。やりたいこともしました、行きたいところにも行きました。家族にも恵まれました。欲を言えば切りが在りませんが私は今までの自分の人生を、自分の身の丈にあった、幸せな人生だったと思っています。

今まで生きてきて、「死」ということはいつか自分にも来るとはわかっていても、どこかひとごとで、遠い先のこと、というのが本当のところでした。
しかし、病室の窓からぼんやり空行く雲を眺めるだけの生活は、いやが応にも「死」を考えさせられる毎日でした。
いつか来る「死」だれも免れない「死」
東日本大震災ではどれほどの人が、「死」に直面し、「死」を身近なこととして受け入れざるを得なかったのでしょう。人類史上、死ななかった人はいないのです。だれの上にも必ずくる「死」。私の上にも、いつか来る「死」
それはいつ、どういう形で現れるのかわかりません。わからないからこそ、不安であり、恐怖なのでしょう。

私の病気がこれからどう推移していくのかそれはわかりません。
ただ、私は病気と「闘う」という姿勢はとりたくないと思っています。
よく「闘病生活」といいますが、私は「闘う」のではなくなんとかうまく病気と「共生」していく方策を探したいと思っています。

「あなたが生きているということ、それだけで家族は幸せなのだよ」
退院した日、家族が私に言ってくれた言葉です。それは自分の命は自分ひとりのものではないのだ、ということを改めて思い知った言葉でもありました。

新しい写真はなかなか撮れませんが、古いものを引っ張り出してでも、このブログはなるべく多く更新していきたいと思っています。

f0103667_16202638.jpg

私のことをよくわかっていてくれる友人は3日間更新が滞ったとき、「なにかあった?・・・」と心配してくれました。すばらしい友人に恵まれたことをこころから感謝しました。
今は生きている証であり、いつかはきっと、生きてきた証となるであろうこのブログを、来年もまた見ていただけたらうれしゅうございます。

来年は、きっと「福」の年になるでしょう。朝の来ない夜はないのです。
「災い転じて福となる」ということわざもあります。
きっといい年、来年はきっと明るい、良いことのたくさんある年、今年流した涙の分だけ幸せがやってくる年、そう信じています!

どうかよいお年をお迎えください。
一年間の感謝を込めて・・・・

by mimishimizu3 | 2011-12-29 16:22 | エッセイ
2011年 12月 26日
福岡の東郷神社
昨夜、NHKドラマスペシャル「坂の上の雲」が終わりました。
最終回には、日本海海戦の場面が多く出ていました。東郷平八郎を演じた渡哲也さんもかっこよかったですね。

それを見ながら、そういえば・・・と思い出しました。
東京の東郷神社は有名ですが、福岡にも福津市に「東郷神社」があります。
3年ほど前、訪ねたことがあったのです。

熱烈な東郷平八郎を崇拝する方が、私財をなげうって建てた神社ですが、今では神社庁からも認められている、正式な神社です。


こじんまりとした神社です。
f0103667_17415369.jpg



由来
f0103667_17422483.jpg



ドラマの中でも良く出てきた有名な言葉
f0103667_17431567.jpg



海を背景に記念碑が建っています。
右には東郷平八郎のプレートがはめ込まれています。
f0103667_17451216.jpg



そこから眺めた日本海
神社の方の話によると、日本海海戦のとき、ここまで号砲の音が聞こえたそうです。
この平和な海で、かってすさまじい戦いがあったのかと・・・しばし眺めていました。
f0103667_17473756.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-26 17:48 | 福岡
2011年 12月 25日
女神大橋
長崎にある女神大橋
2005年12月24日撮影
まだ、一眼も持たないときでした。オリンパスのコンパクトデジカメ、770C.
クリスマスイブに長崎の教会を巡る撮影会がありました。そのときに撮ったものです。

あれからもう6年もたっているのですか・・・
この橋は、クリスマスにアップしたいと思っていました。私の中では、「クリスマスの橋」なのですから・・・・・・・・!(^^)!

f0103667_16463599.jpg


おまけに・・
そのときに立ち寄った黒崎教会の祭壇の飾りつけ
今日はクリスマス、すべての人に平安がありますように・・・
f0103667_1650135.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-25 16:51 |
2011年 12月 24日
クリスマスの思い出
今日はクリスマスイブ、日本列島は、クリスマス寒波に見舞われ、全国的に荒れた天気になるようです。
そんなイヴの夜を、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

クリスマスイブ、といえば、私には忘れられない思い出があります。

高校1年の秋、クラスに一人の転校生がやってきました。
T子さんというその人は、都会の大きな高校から、公務員の父親の転勤で、私の通う、小さな高校に来たのです。学力も私たちより遥かに上だということはすぐにわかりました。でも、そんなことをひけらかすこともない人柄で、私は席も近かったこともあり、すぐに親しくなりました。
ある社会科の授業のときです。なにかのついでだったのでしょう。「原罪」という言葉が出てきました。私は始めて聞く言葉でした。教師が言いました。
「原罪、ってなにか知っている者、いるか・・」
誰も手を上げませんでした。
教師は数秒間、宙を見詰め、そして言いました。
「T子さん、あなたなら知っているよね」
それはあきらかに、この学校の生徒にはわからないだろうけれど、優秀な転校生なら知っている、ということを私たちに示しているようでした。
T子さんはまるでいやでたまらないように、ゆっくりとたちあがると、ぼそぼそっと、小さなつぶやくような声で答えました。
「人間が生まれながらに持っている罪、のことです」

そのとき、私は脳天をぶち抜かれたようにびっくりしたことを今でもありありと覚えています。
人間が生まれながらに持っている罪??なにそれ!!・・・私にも「罪」があるの・・生まれたということが「罪」なの?・・・それはそれまで、私の考える範疇にはまったくない発想でした。
その授業がそれ以上、どういう風に展開して行ったか、その記憶は定かではありません。ただ私の脳裏に「原罪」という言葉だけが鮮やかに記憶されたことだけは確かです。

f0103667_12542356.jpg


その年、クリスマスが近づいたとき、T子さんが私に言いました。
「うちで、クリスマスパーティをするんだけど〇〇ちゃん(私のこと)来ない?」
私は喜んでその招待を受けました。
招待されたのは、私のほか、あと3名でした。
リスマスイブの夜、その日も、風の強い、寒い日でした。
私たちは待ち合わせて夕方、T子さんの家に行きました。
小さな小さな、官舎でした。玄関を入るとすぐにいいにおいがしました。お母さんの手料理だとすぐにわかりました。
狭い部屋でしたが、手作りのクリスマスツリーが飾られ、星が輝いていました。私たちに下さるプレゼントも、きれいな手作りの箱に入って、飾られてありました。
お父さんは皆に賛美歌を渡し、お母さんのオルガン伴奏で、みなで賛美歌を歌いました。
私はそのときになって初めてT子さん一家がクリスチャンであったことを知りました。
お母さんの心のこもった料理もおいしく、それは、ささやかであっても暖かい、本当の和やかさに満ち溢れたクリスマスパーティでした。
外は風が吹き荒れ、帰りは難儀をしましたが心はホコホコと温かかったものです。

それから30年ほどして、同窓会の折にT子さんを囲み、あの時招待された数名が一同に会し、食事をしたことがあります。
みな、小さな官舎のクリスマスのことは良く覚えていて、話しは盛り上がりました。
誰にとっても青春の楽しい一ページだったのです。
そのとき、私はふと思いついて、「ほら、☓☓先生の授業で、《原罪》って出たことあるじゃないの、覚えている?」と聞いてみました。
しかし、誰もその授業のことは覚えていませんでした。
当のT子さんも「そんなことあったっけ・・」というばかりでした。

f0103667_12585981.jpg


「原罪」とは何なのか。私にはいまだによくわかりません。
広辞苑によれば「アダムが神命に背いて犯した人類最初の罪(旧約聖書 創世記) 人間はアダムの子孫として、生まれながらに原罪を負うとものと考えられる」とありますが、そんな説明を聞いても私にはピンときません。

それより、あの時「T子さん、あなたなら知っているよね」と、私たちを見下すように言った教師に私の心は傷つき、「原罪」という言葉とセットになって私の脳に収められてしまったのでしょう。

クリスマスイブ、楽しかった青春、傷つきやすかった青春、こもごもの思い出がよぎります。

今宵、クリスマスイブ、皆様の上にも、良いことがありますように・・・
メリー、メリー、クリスマス!

by mimishimizu3 | 2011-12-24 13:04 | エッセイ
2011年 12月 21日
温室の花
暗い画像が続いたので、なにか明るい花を・・・と思ってハードディスクを探しましたが・・・

温室の花

どういうわけか、温室に入ると、あまり「写したい」という思いが沸かなくなってしまって・・・

温室の花、きれいなのですがねえ・・・(^.^)


f0103667_1042215.jpg



f0103667_10463612.jpg



f0103667_10492327.jpg



へそ曲がり・・・
こんなのばかり目に付きます !(^^)!
f0103667_10473120.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-21 10:50 |
2011年 12月 20日
光と語らふ
   雪雲の切れ間より漏るひとすじの
 
      光と語らふ

    一人居の午後

f0103667_111126.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-20 11:01 | 短歌
2011年 12月 19日
冬の雨の日
  ふりそぼつ冬の雨の日
  一人居の
  午後はけだるく
  虚空みている

f0103667_938014.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-19 09:38 | 短歌
2011年 12月 17日
暗き土曜日
 
f0103667_1313623.jpg


  ただひとり

  地の底ふかくいるような

  冬の雨降る

  暗き土曜日

by mimishimizu3 | 2011-12-17 13:14 | 短歌
2011年 12月 16日
冬のバラ
多くの仲間は 枯れてゆき
無様な姿をさらしているのに

懸命に生きようとしている
冬のバラ

昨夜来の雨の雫が

涙のように
光っていた

f0103667_10463258.jpg


f0103667_10464990.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-16 10:46 |
2011年 12月 15日
通潤橋
13日、「錦帯橋」をアップしたとき、「名橋」の名に恥じない橋、と書きました。
「名橋」といえば、熊本にある「通潤橋」も忘れるわけにはいきません。

橋の真ん中から豪快に水を放出する姿は、痛快であり、驚きでもあります。
昔の人の知恵には本当に敬服するだけです。

f0103667_17354822.jpg


by mimishimizu3 | 2011-12-15 17:36 |