2012年 04月 28日
春の雑草 Ⅰ コメツブウマゴヤシ
   この《雑草》の前で
   
   踏み潰すことを躊躇する人は
   いるだろうか・・・・

   踏み潰して 当たり前 
   踏み潰されて 当たり前

   そこに  コメツブウマゴヤシが
   命を輝かせていることすら

   誰も 気づこうともしない

 
f0103667_16505682.jpg


   踏み潰されて当たり前の《雑草》は
   しかし、明るい春の日差しのもとで

   楽しそうに
   春の歌を歌っていた

# by mimishimizu3 | 2012-04-28 16:51 |
2012年 04月 26日
ちゅーりっぷ
 チューリップは 
   ちゅーりっぷ と
 たどたどしい 
   ひらがなで書かれたとき
 その可憐さが よりいっそう増すのではないだろうか

f0103667_947188.jpg


  シンプルな姿
    はっきりした色

f0103667_9501488.jpg


孫が書いてくれた ちゅーりっぷの絵を見ていたら
そんな気がしてきた

# by mimishimizu3 | 2012-04-26 09:51 |
2012年 04月 23日
花降る街  花みずき通り
ハナミズキが美しく咲いています
花水木、なんと、詩的な名前を付けてもらったのでしょうか。
字面だけでも引寄せられます。

花水木は秋には紅葉しますし、赤い実もつけます。一年で2度楽しめる花です。

街路樹にしているところも多いとか・・・

福岡にも城南区七隈に「花みずき通り」と名づけられた通りがあります。

まだ、幹周りもそんなに太くなく、したがって花もまだまだ少ないのですが、あと数年して、木が大きく育ったら、ここはきっと多くの人が訪れることでしょう。


f0103667_8365877.jpg

街撮りは、電線との戦い???
少ない場所を探しても、そうそうあるわけではありませんからねえ・・・(笑)


フレッシュマンどうしでしょうか、堂々と手をつなぎ・・・
花水木の花言葉は「私の思いを受けてください」だそうです
この若い二人に幸多かれ!!

f0103667_8402799.jpg



ピンクの花水木もきれいです

f0103667_841827.jpg



「しあわせの黄色いポスト」もありました。
もちろん、現役で活躍中です。
このポストに投函すると、「しあわせ」もいっしょに届けられるのかな??

f0103667_846210.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-04-23 08:48 | 福岡
2012年 04月 21日
桜散るころ
 清潔感あふれる明るい病院の待合室は、静謐な空気が漂い、クラシック音楽がかすかに流れていた。
最近は予約制が確立されたせいだろう、待合室がごった返すということはなく、いつも数人が電光掲示板に示される自分の番号をおとなしく待っている。

 私も椅子に腰掛け、ぼんやりと順番を待っていた。
 私の前には、私より年長の、多分80代と思われる、こざっぱりとした身なりの、横顔が上品な女性がひとり、杖をわきにおいて座っていた。
 電光掲示板が変わり、その女性の番号が示されたのだろうか、杖を突いてゆっくりと立ち上がると、ふと後ろを振り返った。私の目と女性の目がきりっと合った。
 彼女はふと寂しそうな笑みを浮かべると、なぜか私に会釈した。私も釣られてあわてて会釈をかえした。
たったそれだけのことであった。いや、それだけのことであるはずだった・・・

 ほどなく、診察室から女性が戻ってきたとき、その顔はさっきよりさらに寂しそうだった。目元が潤んでいるようにも見えた。私は無意識のうちに近寄り、彼女に手を添えた。
しかし、その時、電光掲示板が変わり、私の診察の番号を示していた。私は、彼女から手を離し、「お気をつけて・・・」というのが精一杯だった。
f0103667_823274.jpg


 私の定期健診は簡単に済み、いつもの薬の処方箋が出されたが、その日、私は月1回の、ある定期的な点滴を受けることになった。約1時間もかかるその点滴は、処置室で行われ、私はベッドに横になって目をつぶっていた。点滴が終わり、私はロビーに向かった。
 その病院は建て替えられたばかりで、窓が大きく、通路と一体となったロビーにはおしゃれなソファーやテーブルまで置いてある。私を迎えに来てくれる家族との約束の場所もそのロビーであった。
 そこに、私は先ほどの女性が一人ぽつんと座っているのを見た。私が点滴を受けている約1時間の間、彼女はそこにいたのだろうか・・・私は吸い寄せられるように、そばに座った。彼女はほっとしたように、くちもとをほころばせた。

 窓の外には、桜が揺れていた。盛りはもうとっくに過ぎ、少しの風にも、はらはらと花びらが舞っていた。
 「もう、桜もおわりですね・・」彼女は静かに言った。
 「そうですねえ・・」私も静かに返した。短い命だ。もしかしたら、期せずして、二人とも同じ思いを感じていたのかもしれない。
 私は、1時間もの間、一人でそこに座っていたのか、という喉まででかかった質問をかろうじて飲み込んだ。
しばらく沈黙が続いた。
 彼女は、ふと言いよどむように、口ごもった。そして思い切って話すように私にいった。
 「あなた、四苦八苦って言葉、ごぞんじですよね」
 私はびっくりした。いきなり、何を言い出すのだろう。私はてっきり、身の上話でも聞かされると思っていたのに・・・・
 
 「四苦八苦ですか・・・たしか・・・」
 私は以前友人とそんな話をしたことを思い出した。確か、仏教から出た言葉ではなかったか。
 「たしか・・・ショウ、ロウ、・・・」と私が言い出すと、女性はその言葉を引き取るように言った。
 「そう、生、老、病、死ですよね。生きることは苦しい、老いることは苦しい、病気になることは苦しい、そして死ぬことはもっと苦しい・・・私は、老いて、病気になって・・・生きているってつらいですね。」
 女性は目を落とし、うつむいた。でも、そんなことを言われれば、私だって《老いて》《病んで》いるのだ。病院に来る人は病んでいるから来るのだ。《死》についてだって、私の脳裏にはいつもあると言っても過言ではない。いつ、どこで、どんな《死》を迎えるかは誰にもわからないが、《死》はいつか、確実にやってくる。
 「四苦」は人間、皆背負っているのだ。
 私が黙り込むと、女性はまた静かに言った。
 「ごめんなさい。いきなりこんなこと言って・・・驚かれたでしょう。私、ずっと誰かに話したくって・・・最近、誰とも話していないので・・・」

 そのとき、私の目の隅に、迎えに来てくれた家族の姿が入った。私はちょっと片手を上げ合図をした。
 それを見ていた女性が言った。
 「お迎えですか・・」
 私がかすかにうなずくと、女性は一瞬躊躇したようだったが、小さな声でつぶやくように言った。
 「私も、ムスメがここに迎えに来てくれるんです」
 それを聞いて、私はほっとした。
 「そうですか、それはよかった。ではまたいつかお会いしましょう」
 私はそういって立ち上がった。点滴のあとのけだるさもあった。早く家に帰りたかった。

 会計を済ませ、病院の玄関を出ようとしたとき、さっと風にあおられた桜が私の顔に当たった。
桜散る・・・
 薄紅色の小さな花びらを私は見詰めた。桜は短い命を生き切って、いさぎよく散ってゆく。その舞姿のなんと美しいことか!
 帰りの車に乗り込むと、病院の周囲のたくさんの大きな桜の樹が、あたかも争ってでもいるかのように散り急いでいた。桜吹雪・・・見とれていた私は、ふと雷にでも打たれたように「あっ」と思った。

 あの女性は「ムスメ迎えに来てくれるんです」といったけれど・・・
 それは、ほんとうのことだったのだろうか・・・最近、誰とも話していない、といったのは何だったのか・・・
 もしかして、私を安心させるための方便ではなかったか・・・

 散り行く桜を見ながら、私は「四苦八苦」と言う言葉を反芻した。
 生、老、病、死・・しかし・・・
 「四苦」のほかに人間にはさらに「弧」という苦しみがあるのではないか・・・
 あの女性は、もしかしたら一人で病院に来て、一人で診察を受け、一人で帰っていくのかもしれない、私はふとそんな気がした。

 2500年前のお釈迦様が生きていた時代にはあるいはなかったかもしれない「孤独」という苦しみが、今の日本には存在している。
 私は女性の寂しげな表情を思い浮かべた。
 そして、いや、そんなことはない、と、自分の考えを強く否定した。
 あの女性はたしかに娘さんがいて、病院に迎えに来てくれるのだ。だから、1時間以上もロビーで待っていたのだ・・・何らかの理由があって、最近その娘さんとも意思疎通ができなくなっていたかもしれないが、でも、母と娘、本来は仲むつまじいに違いない・・・
 私は強いてそう思った。

 桜吹雪が私の乗った車を追い越して行った。
f0103667_8254259.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-04-21 08:25 | エッセイ
2012年 04月 19日
バブルの落とし子 ふれあい橋
約30年前の、日本のバブル景気とは一体なんだったのでしょうか・・・
お金が有り余り、行政は「ハコモノ」をたくさん作りました。今、その維持管理費が重くのしかかっていると、テレビが放送していました。

この橋もまた、バブルの落とし子といっていいでしょう。
博多湾を埋め立て、人工の都市を作り・・・・

とてもおしゃれなきれいな橋です。
上と下、二重になっています。「ふれあい橋」などというありきたりの名前を付けられています。
通れるのは上も下も、人間と自転車だけ、何故、二重にしなければならなかったのか、私にはよくわかりません。
でも、通っていると、楽しくなるし、遠くから眺めてもきれいだから、それだけでいいか・・・

f0103667_111657.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-04-19 11:02 |
2012年 04月 17日
福岡ドームとウコン桜
福岡ドーム近くの、百道中央公園のウコンさくらが、今、見ごろを迎えていますよ・・・・
友人がうれしい情報を届けてくれました。

御衣黄桜は、このブログでも2007年4月9日にアップしています。
ソメイヨシノが終わったころ、緑色の変わった花を咲かせる桜です。

それとよく似たウコン桜は、緑がそう濃くはなく、地味な感じがしました。

でも、ドームとウコン桜という珍しい取り合わせが面白く、明るい春の日を堪能いたしました。
f0103667_107548.jpg


ドームの中ではちょうど対ロッテ戦がおこなわれていたようです。
でも、そんなことは関係なく、暖かな日差しを浴びて、草野球をする一団がいました
これもまた、これでいいものですね。

f0103667_10114364.jpg


f0103667_10134169.jpg



おまけ

ドーム近くに行くと、いつもそばに行って、見上げてしまいたくなる彫刻があります。
ニキ・ド・サンファール
「大きな愛の鳥」
f0103667_10211398.jpg

元気の出る彫刻です。

# by mimishimizu3 | 2012-04-17 10:23 | 福岡
2012年 04月 15日
車椅子の母と・・・
母親を車椅子に乗せ、近くの橋の上で、二人だけの静かなお花見をする娘さん・・・

柔らかな春の光が、よりやさしさを湛えていました

f0103667_10121935.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-04-15 10:13 |
2012年 04月 14日
「桜の樹の下には」・・・
     「桜の樹の下には屍体(したい)が埋まっている!
      これは信じていいことなんだよ。
      何故(なぜ)って、桜の花があんなにも見事に咲く
      なんて信じられないことじゃないか。
      俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不
      安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た
      桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。」

こんなぎょっとする、恐ろしいことをサラッと書いたのは、昭和7年、31歳の若さで、肺結核で死んだ梶井基次郎である。

f0103667_8344468.jpg

私が梶井基次郎の作品にはじめて触れたのは、高校の国語の教科書に載っていた「檸檬」であった。
梶井の代表作とされる「檸檬は」、しかし、高校生の私にとっては、何度読んでもよくわからない小説というか、散文詩であった。
難しい言葉も多かった。舞台となった京都にも私はそのころまだ行ったこともなかった。レモンを置いてくる、「丸善」という書店についても私には何の知識もなかった。

今、読み返してみても、「檸檬」は結構難しい作品といえるだろう。
作者の言わんとするところ、一種独特な感性を持ったこの文章を完全に理解するには、読み手の側の相当高度な感受性が必要なのではあるまいか。
ただ、高校生の私が、この作品の中で、リアリティを持って理解できたところが1箇所だがある。
それは結核のため微熱を持った主人公が、冷たいレモンを手に握り締め、その冷ややかな感触を楽しむ、というところであった。私は、熱を帯びた男の手の中で、レモンが、その熱を吸い取り、だんだんとぐったりし、ぐにゃっとしていくさまを思い浮かべた。
その感触をもったまま、図書館で借りてきた梶井基次郎の本の中にあった、「桜の樹の下には」は、だから、妙にレモンがぐったりしていくさまと、桜の樹下に埋められた死体が腐ってゆくさまが私の中で呼応したのかもしれない

私には、たくさんの木がお互い咲き誇っている桜並木などでは、梶井基次郎を思い出すことはなかった。

しかし・・・

f0103667_8355978.jpg

「一本桜」と呼ばれるこの桜を遠くから眺めたとき、その美しさにあっと息を呑み、思わず駆け寄り、近くで見上げ、呆然となった。そして次の瞬間、私はふと桜の根元を見詰め、そして反射的に「桜の樹の下には」という梶井基次郎の文章を思い出し、そして背筋がぞくぞっくと寒くなった・・・・

樹齢300年といわれるこの「一本桜」は長い年月、誰からも注目もされず、風雪に耐え、生き延びてきたのだろう。
そしてあるとき、村人がその美しさに気づいたのだろう。
美しく成長した「一本桜」を見上げ、村人は何をおもったのだろうか・・・

一本桜は妖しい美しさをもって村人を魅了したに違いない。
単に「きれい」「美しい」といって済ましてしまうには、物足りない何かがこの桜にはある。
人の心をとろけさせてしまうような、今まで見たこともない異次元の世界に引き込まれていってしまうような・・・
そんな「妖しさ」をもった「一本桜」だ。

梶井が言うように本当の「死体」が埋まっているとは思わない。
けれど「死体」が埋まっていて、その養分を吸い取って桜がこんなに「妖しく」美しく咲いている、といわれても、ふっとそれを信じてしまいたくなる何かがこの桜にはあるような気がする。

「桜の樹の下には」は梶井基次郎という繊細な、鋭敏な神経の持ち主によって初めて言語化され、作品化された。そしてそれは、その後多くの人の心に、「うーーん」とうならせるものを、ぽとりと落としていった。

一人の熱を帯びた作家の感性の大きさを、今、私はしみじみと思っている。

# by mimishimizu3 | 2012-04-14 08:45 | エッセイ
2012年 04月 11日
ネモフィラの丘
遠くから眺めたとき、そこにはブルーシートがかぶせられているのかと思いました。

f0103667_1022920.jpg


でも、少し近寄って眺めて、それがネモフィラの花だとわかったときは「わあっつ・・」と歓声を上げてしまいました。

f0103667_10251465.jpg


今、海ノ中道海浜公園では恒例のフラワーピクニックが開かれていて、さまざまな花が咲き誇っています。
中でも圧巻はこのネモフィラの丘で、やわやかいブルーの小さな花々が、まるで地上に現れた星の流れのように、やさしく、訪れた人を迎えてくれます。

f0103667_10285492.jpg


オオイヌノフグリをちょっと大きくしたような、かわいい、清楚な花は、人の心にそっとよりそい、人の心の悲しみを、そっと吸いとってくれるようです。

f0103667_10321554.jpg


暖かい春の日、人もまばらな公園には、小さな命が、精一杯その命を輝かせていました。

# by mimishimizu3 | 2012-04-11 10:36 | 福岡
2012年 04月 07日
荒津大橋
桜と橋
このコラボがないかなと探したら、外付けに残っていました。(2011,4,6 撮影)

f0103667_13284566.jpg


福岡の都心と西部を結ぶ都市高速道路、博多湾をひょいとまたいで行きます。
荒津大橋
地面をはってゆくよりずっと早く、快適です。海風を感じながら流れてゆく景色を楽しむのもいいし、こうして遠くから眺めるのもまたいいものです。これは昨年、西公園から撮影したものです。

# by mimishimizu3 | 2012-04-07 13:30 |
2012年 04月 05日
春の母子
桜の花のやさしさにつつまれて
母と子は

いつもより さらに さらに
暖かく やさしく
心を通わせていた

f0103667_1519911.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-04-05 15:19 |
2012年 04月 03日
室見川河畔公園のさくら
4月2日
福岡では「桜満開」とテレビがいっていました。
開花は平年より4日ほど遅かったけれど、「開花宣言」のあと、一気に気温の高い日が続き「満開」は平年と同じ日になったそうです。
気温に敏感な花のですね。

福岡市の西部を流れる「室見川」

私のブログでも何度も登場したところですが、その下流から程近いところにちょっとした桜並木があります。
「河畔公園」として市民に親しまれています。
土手の向こう側には団地が並び、生活感の中に溶け込んだ桜の名所です。
f0103667_9431257.jpg


私も例年、ここにお花見に行きます。

f0103667_9451571.jpg


お花見は、多くの人で賑わい、ドンちゃん騒ぎをするのも楽しいけれど、あまり人もいないところで、静かにお弁当を広げるのもいいものです。

私の数メートル離れたところで、かなり年配の男性が、桜の木の下で、敷物を引き、一人ビールを飲み、お弁当を広げ、桜を見上げまたビールを飲み・・・としていました。
私ははじめ、連れがあり、その連れがちょっと席をはずしているものとばかり思っていたのですが、私が家族といっしょにお弁当を広げている間、ずっと一人でした。
そしてしばらくすると、あたりを片付け、敷物を上げ、そこをあとにしていきました。

一人花見・・・・

それもまたいいものでしょう。
明るい春の日、家に一人こもっているより、桜の花をめでながらひとり優雅な時間を過ごした「おじいちゃん」に拍手喝さいを送りたいと思いました。

# by mimishimizu3 | 2012-04-03 09:54 | 福岡
2012年 04月 01日
ミモザと「ミモザ館(やかた)」
春の陽がやわらかく降り注ぎ、桜もまるで恥らうかのように、一つ二つと咲き出した。

いつもの散歩コースの途中、ふと道を一本そらしてみようと思った。
まだまだ、苗木からやっと大きくなり始めた桜の木を見ながら、顔をあげたとたん、私は「あっ」と声を上げた。
9階建てのマンションの裏庭に、マンションと織り成すかのように、大きなミモザの木が満開の花をつけ、風に揺られていたのだ。

f0103667_9364141.jpg


どこか南国のイメージを髣髴とさせるその花を、私は感慨深く眺めた。

1960年代、私は東京で学生生活を送っていた。
そのころから映画好きだった私は、時間ができるとよく新宿の「名画座」に行った。
今で言う、ミニシアター、なのだろう、値段も安く、よく「往年の名画」を上映していた。
そんな中の一つに「ミモザ館」があった。

内容はすっかり忘れてしまったが、私が「ミモザ館」をいう題名を強烈に覚えていたのはわけがある。
それは「ミモザ」というのが、木であり、黄色い大きな花を咲かせるということをはじめて知ったからだ。
モノクロであったから、ミモザが黄色であることは映画ではわからなかったはずだ。多分セリフの一部にでも出てきたのだろうか、私の脳裏には風に揺れる大きなミモザの花が鮮やかに印象付けられた。

しかに、実際に私がミモザの花を目にしたのはそれからずっと、ずっと経ってからであった。
50年前、日本にはまだ「ミモザ」はそれほど多くは存在していなかったのではあるまいか・・・

映画を見てから数年の後、私はある要件を抱え、鎌倉の一軒の家を探していた。重い用件であった。私の心も重く、沈みがちな暗い気分をどうしようもなく、私ははじめて歩く道に戸惑っていた。
そのとき、誰の姿もない、、静かな、いかにも鎌倉、という感じの古い家の門に、大きなミモザの花がもたれかかるように咲いているのが目に飛び込んできた。
それは家の雰囲気と取り合わない、ちぐはぐな感じを私に与えた。しかし、私はその花をじっと眺めた。
生命力がありそうな、強そうなその花は、そのときの私にエールを送ってくれているような気がしてきた。
私は顔をあげ、道を歩き出した。目的の家を探し当てたとき、私はなんだか前向きになれるような気がしていた。

f0103667_10113987.jpg

ネットで調べてみると、「ミモザ館」は、1934年製作、フランスの名画の一つに数えられているようだ。
ストーリーはとっくに忘れても、題名は、きちんと覚えている・・・・私にとっては忘れられない映画である。

ミモザは最近、ところどころで見かけるようになった。
散歩の途中、ふと目にしたミモザ、思いもかけず、遠い昔を思い出させてくれた。

それにしても、私は「ミモザ館」を一人で見に行ったのだろうか、それとも誰かといっしょにいったのだろうか・・・
それは深い霧のにつつまれて、思い出すことはできない。

# by mimishimizu3 | 2012-04-01 10:16 | エッセイ
2012年 03月 30日
春の心は・・・
春、花の咲く木はたくさん、たくさんあるのに、桜に対して日本人が持つ、この独特な、特殊な感情は一体どこから来るのでしょうか。

f0103667_10523919.jpg

  (3月29日の近所の桜)

春が近づくと、桜が気になりだします。
いつ咲くのか・・・今年は早いのか遅いのか・・・天候、気温、風・・・
桜の開花予想に、大げさに言えば日本中の人が、固唾を飲んで見守っているといってもいいでしょう。

これは何も今に始まったことではなく、1200年前の歌にも残されています。

    世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は  のどけからまし            在原業平   伊勢物語82段   
 
(この世の中に全く桜がなかったとしたら、春の人の心はのんびりしたものであったろうに・・・)

咲けば、1部咲きだ、5部咲きだ、といって愛で、お花見を楽しみ、散り行けば、それはそれで、「桜吹雪」として愛する・・・

伊勢物語はこの歌の続きとして次の歌を載せています。

    散ればこそ  いとど桜は  めでたけれ
 
       うき世になにか  久しかるべき        

(あっさり散るからこそ、桜はますます賞美に値するのだ、そもそもこの辛い世の中に、何が永続きするであろうか)

春の訪れを告げる桜は、色も形も大きさも、すべて日本人の感性にマッチするものなのでしょう。
そしてまた、「散り行く姿」の美しさも、ほかの花の追随を許さないほどの魅力があります。

今年また、桜の季節がやってきました。
今年、私は家の近くの桜を愛でに行きたいと思っています。

f0103667_1165468.jpg

(ヨウコウザクラは華やかですね)

# by mimishimizu3 | 2012-03-30 11:10 | エッセイ
2012年 03月 29日
赤い若芽
草むらにひときわ目立つ赤い色がありました

透き通る、繊細な赤です

f0103667_9495899.jpg


透過光をとおした葉っぱは特に目を引く美しさでした

旺盛な生命力

人に嫌われようが、「雑草」とさげすまされようが
赤い、透き通る新芽は
そんなことにお構いなしに

伸びようとする自分の命を
精一杯春の日差しの中で
輝かせていました

# by mimishimizu3 | 2012-03-29 09:59 |
2012年 03月 26日
道草の橋
下校時、小学生がランドセルをカタカタと鳴らしながら、橋の上まできました。
突然、ひとりの女の子が欄干のそばにしゃがみこみ、動こうとしません。

f0103667_15132577.jpg


「用草を食う」という言葉を広辞苑でひくと次のように出てきました。

(馬が路傍の草を食って進行が遅くなることから)途中で暇を費やす、横道にそれて手間取る

この女の子は、道草を食って何を眺めていたのでしょう。
橋の下には春の光を浴びたせせらぎがあります。
風も心地よく吹いています。
小鳥の声も聞こえます。

今の時代、「効率」という名の下に、目的地に以下に早く着くか、いかにまっすぐに行くかが問われているようですが、この女の子はまっすぐに家に帰るのではなく、ちょっと「道草を食って」います。

「効率」より大事な何かを、この子はこの時間で味わっていたのかもしれません。

# by mimishimizu3 | 2012-03-26 15:23 |
2012年 03月 23日
生きているって・・・
     生きているって
     ホラ こんなにうれしいの

     生きているって
     ホラ こんなに楽しいの


f0103667_1025436.jpg


     道端で 人に踏みつけられても
     子どもたちに  足蹴にされても
     犬に  おしっこをふりかけられても
     オオイヌノフグリなんて
     とんでもない 名前をつけられても

     でも でも
     生きているって こんなたにすばらしい

     春のやわらかいそよかぜと
     暖かいお日様の光の中で

     小さな ちいさな命が
     命の歌を 
     うたっている   

# by mimishimizu3 | 2012-03-23 10:09 |
2012年 03月 08日
どんこ舟の通る橋
お雛様は終わりましたが、私は、お雛様の季節になると思い出す場所のひとつに柳川があります。
「さげもん」と呼ばれる独特な雛飾りでも有名ですが、柳川の「川下り」、「どんこ船」もまた風情のあるものです。

川下りのどんこ船が小さな橋をくぐって行きます。船頭さんの頭がつかえてしまうほど・・・
狭くて低い橋を潜り抜けぬけなければいけません。ここは船頭さんの腕の見せ所、橋の上では、カメラマンが待ち構えています。
20011,3,19撮影

f0103667_11203769.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-03-08 11:24 |
2012年 03月 04日
舞鶴公園の梅
福岡の舞鶴公園
桜の名所でもありますが、梅園もあります。

それほど大きな規模でもなく、こじんまりとした梅園ですが、ここはなんといっても福岡城の城跡
400年前のお城はほとんど残っていませんが、石垣だけは当時のままいくつも残っています。

私がこの梅の園が好きなのは、その石垣と寄り添うように梅があるからです。

「城跡の梅」
石垣が静かに栄枯盛衰を語る傍らで、梅が待ちに待った春を語っていました。

f0103667_1712264.jpg


f0103667_1721616.jpg


遠く福岡タワーも見渡せます。
f0103667_1725321.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-03-04 17:03 | 福岡
2012年 03月 02日
さっちゃんのおひなさま
 ある日、さっちゃんはおかあさんと、街へ出かけました。いとこのみっちゃんが病気で入院しているので、お見舞いに送ってあげるものを探しにいったのです。
 おかあさんはデパートをあちらこちら歩いて、なにがいいかなー、と探しました。ケーキがいいかしら。お花がいいかしら。洋服がいいかしら。おかあさんは一生懸命考えているようでした。
 さっちゃんは、ケーキもおいしそう、お花もきれい。洋服もステキと思いました。でも、おかあさんはなかなか決心がつかないようでした。
 そのうち、さっちゃんは疲れてしまいました。デパートは人がいっぱいいて、おかあさんの手をしっかりにぎっていないと迷子になりそうです。
 ふと見ると、ノートや、お手紙を書く紙などを売っているところに、きれいな紙のおひなさまがありました。さっちゃんが大好きな“飛び出す絵本”のように、折りたたんであるきれいな紙をぱっと開くと7段のおひなさまが飛び出してくるのです。さっちゃんは思わずおかあさんの手を離し、そのおひなさまのところに行きました。
さっちゃんは手にとって開いてみました。すると一番上のお雛様がうれしそうに、さっちゃんの手の中でにっこり笑ったのです。さっちゃん、はびっくりしました。
 「さっちゃん、さっちゃん」おかあさんがあわててそばに来ました。「手をはなしちゃダメじゃないの」
 さっちゃんはおかあさんに言いました。
 「おかあさん、このおひなさま、笑うのよ。さっちゃんに買って」おかあさんはちょっと不機嫌そうな顔をしました。
 「紙のお雛様が笑うわけないでしょ。それにおひなさまなら今、おうちに飾ってあるじゃないの。あのお雛様は何十万円もしたのよ」何十万円というところを、おかあさんは特に強く言ったようでした。そばにいた人がふっと振り返っておかあさんを見ていました。

f0103667_11155657.jpg


 「あんな立派なおひなさまがあるのに、なんでこんな紙のおひなさまをほしがるの。さあ、いきますよ」
さっちゃんは悲しくなりました。今家に飾ってある立派なおひなさまも、とってもとっても好きです。でも、この小さな紙の飛び出すおひなさまだって、とってもとってもかわいいのです。なにしろ、さっちゃんに笑いかけてくれるのですから。
 でも、おかあさんが見たときは笑っていませんでした。だから、おかあさんはおひなさまが笑うなんて信じないのです。
 しばらく行くと、おかあさんが、「そうだ!!」と、すっとんきょうな声をあげました。
 「さっちゃん、あの紙のおひなさま、買いましょう。」
 おかあさんは急いで引き返すと、店員さんに「そのおひなさま3つください」といいました。さっちゃんはまたびっくりしました。3つもどうするのでしょう。さっちゃんは一つでいいのに・・・と思いました。
 でも、店員さんが包んでくれる前にさっちゃんは一つ一つのおひなさまをみました。すると、どのおひなさまもさっちゃんを見て、にっこりほほえんでくれたのです。
さっちゃんはうれしくなりました。
 「さあいくわよ」店員さんから紙のおひなさまを受け取ると、おかあさんはそういってさっちゃんと手をつなぎました。

「あのね。おかあさん・・・」さっちゃんがいいかけようとした時、「これはね、」とおかあさんが話し出しました。おかあさんはこのおひなさまを病院いるみっちゃんと、“施設”とかというところにいる、おばあちゃんに送ろうと思ったらしいのです。
 家にかえると、さっちゃんはみっちゃんとおばあちゃんに、ひらがなだけのお手紙を書きました。
 「このおひなさまは、きっとびょうきをなおしてくれます。はやくよくなってね。」
 翌日、さっちゃんはまたおかあさんと手をつなぎ、家を出ました。郵便局におひなさまを出しにいくのです。でも、その前におかあさんはお花やさんに寄って、みっちゃんとおばあちゃんのところにお花を届けてくれるように頼みました。それから郵便局に行きました。郵便局のお姉さんはぽんとスタンプをおしました。さっちゃんはおひなさま痛くなかったかな、と心配になりました。でも、大丈夫だったようです。

 桃のはなが全部散ってしまったころ、みっちゃんが退院したと電話がありました。
 みっちゃんのママとさっちゃんのお母さんの長い長いでんわがすみ、みっちゃんとさっちゃんが話しましたみっちゃんは小声でさっちゃんにいいました。
 「そこにさっちゃんのおかあさんいる?」
 さっちゃんが「いないわよ」と答えるとみっちゃんはやっと安心したのかさっちゃんに言いました。
 「さっちゃん、知っていた?あのおひなさま、笑うのよ。でもね、それは、私が一人でいるときだけなの。ママが来るとおひなさま、もとのすまし顔になるんだから」
 さっちゃんはくっくと笑いました。そうなんです。さっちゃんのときもおかあさんがくると、おふなさまはツンとすました顔に戻ってしまうのです。
 「うん。こどもにしか笑ってくれないのね。大人にはダメなの」さっちゃんがそういうと、みっちゃんも「そう、そう」といいました。そしてふたりは楽しそうに電話でわらいあいました。
 おばあちゃんからも電話がありました。あのおひなさまがおばあちゃんのお部屋にきてから、おばあちゃんの膝の痛みがなくなったそうです。さっちゃんは「おひなさま笑った?」とおばあちゃんに聞きました。「エッ、なんのこと?」おばあちゃんはいいました。それでさっちゃんはもっとはっきりわかりました。
 やっぱりあのおひなさまはこどもにしか、笑ってくれないのです。
 おばあちゃんとのでんわが終わるとさっちゃんはおひなさまのところにいきました。おひなさまはにっこり笑ってくれました。さっちゃんは「いつまでも大事に持っているからね」とおひなさまにいいました。
 おひなさまはこっくりうなずいたようでした。

# by mimishimizu3 | 2012-03-02 11:16 | 童話
2012年 02月 29日
雪の玉水
今日は2月29日
4年に一度の閏日です。
そんなことを思いつつ、朝目覚めて窓の外に目をやってびっくり、一面の銀世界がひろがっていました。

豪雪に苦しんでおられる方には申し訳ありませんが、福岡で積雪はめったにないこと、うれしくってついつい庭に出てみました。

雪はとっくにやんでいて、お日様がきらきらと輝いています。
庭の木に積もった雪が、雫となってぽとり、ぽとりと落ちてゆきます。

f0103667_16231790.jpg


「雪の玉水」・・・・
その言葉と同時に、式子内親王の歌を思い出しました。

    山深み  春とも知らぬ  松の戸に

          たえだえかかる   雪の玉水         新古今和歌集 春上 

(あまりにも山深いため、春が来たことすらよくわからない、そんな山奥の小屋の、松でできた戸に、とぎれとぎれに雪解け水が玉のように落ちかかっている)

なんという美しい歌なのでしょう!
雪解け水が雫になって落ちるさまを「雪の玉水」という言葉で表現したのです。まねのできない感性です。
式子内親王は今でも人の心を打ってやまないすばらしい歌人ですね。

f0103667_16332334.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-02-29 16:37 | 自然 風景
2012年 02月 28日
孫とランドセル
孫娘が、この春小学校にあがることになった。
私はかなり以前から、息子に「ランドセルは私に買わせてね」とお願いをしておいた(笑)
孫のランドセルを買う、それは「おばあちゃん」の最大の楽しみであり、喜びでもあるのだ。

特に、私がこだわったのは、息子が40年近く前、やはり小学校に上がるとき買った同じお店で買う、ということだった。
親子2代にわたって同じお店でランドセルを買う・・・・

福岡の老舗のかばん店で買うために、わざわざ東京から福岡に帰省してもらった。
無駄なことかもしれないが、私にとっても、息子にとっても、そしてこのことの意味をいつか知る孫娘にとっても、きっと素敵な語り草になるだろう、そう信じて、孫のランドセル姿に目を細める「オバアチャンバカ」でした・・・・

f0103667_170252.jpg


重いぞ・・・・
f0103667_1715134.jpg


うれしくってたまりません。
帰りはそのまま背負って帰りました。
食事に立ち寄ったお店ではウエイトレスさんに「小学校に上がると?」と声をかけられ、ニコニコと答えていました。
f0103667_1761140.jpg


一つ困ったことは、地下鉄で帰ったとき、駅員さんから「小学生ですか?」と声をかけられ、「小学生なら子供料金をいただきます」といわれたことです。
事情を話すと駅員さんもニコニコと「おめでとう」といってくださいました。

# by mimishimizu3 | 2012-02-28 17:10 | その他
2012年 02月 23日
ナンキンハゼ
早春というには
厳しすぎる冬ばれの空に
ナンキンハゼが
花びらのように
実をつけていた

f0103667_11551910.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-02-23 11:55 |
2012年 02月 20日
ブログ7周年!
今日、2月20日は、私が初めてのブログ「一日一枚母への便り」をはじめた日です。
遠くの施設に入っている老いた母へ、自分で写した写真をハガキにして送りました。母が亡くなり、そのブログを閉じてから、しばらくして、「日々の思いを」を立ち上げました。それが満杯になり、現在の「日々の思いをⅡ」になりました。

f0103667_124552.jpg

  (7年前に初めてアップした写真。鹿児島の撮影会でたくあんにするための大根干し、やぐら大根です)

7年・・・・
長いような短いような・・・

あのころ、ブログが盛んで、特にカメラ仲間との交流は、毎日楽しくお互いブログを訪問しあってはコメントを残し、お互いの感性を学びつつ有意義な時間をすごしました。
今、そのころ交流があった人で現在まで続いている方はほんのわずかです。
多くの方が、ブログの更新がなくなりました。更新される方も、更新の幅は長くなっているようです。

何事も続けていくということは大変なことです。
環境も変わってきます。年もとります。熱も冷めます。マンネリにもなります。続けていく意義を疑いたくもなります。それらを乗り越えて継続していくということはかなりの意志力が必要です。

私のブログ友達は、多くはカメラ愛好家です。
私もそうでしたが、色々なところに出かけ、写真を撮り、それを誰かに見てもらいたい・・・その思いでブログを立ち上げたのだと思います。しかし、7年という年月は思いもかけない方向に人をもっていくこともあります。

私も、もう7年前のわたくしではありません。

17日、「ドレナージ」というエッセイを出しました。
あれは、この7周年を意識してアップしました。これから私がこのブログを続けてゆくのなら、病気のことを隠し通すわけにはいかない・・・・私は以前のように重い一眼を持ってあちらこちらに出かけ、夢中になって写真を撮ることはもう、少なくなってゆくことでしょう。家の中でじっと「文章」を考えているほうが多くなることでしょう。
幸いこのブログのタイトルは「日々の思いを」にしています。
移り行く「時」に感じたことを文章にするのは、私の好きなことです。折々に感じた「日々の思いを」、これからも生きている証として綴ってゆきたいと思います。したがって、私のこのブログは今までとは性格を変え、「文字」の多いブログになるでしょう。
それでもいいと思われる方はどうか、これまでと同じように見てください。

多くの方に見ていただきました。この場を借りてこころから御礼申し上げます。

これからどれほど長くこのブログを続けられるか、それはわかりません。
しかし、なるべくたくさん、《日々の思いを》を記録して残しておきたいと思います。

今、私の胸には一つの小さな夢があります。
今年の春、小学生となる孫娘が成人したあかつき、偶然に私のこのブログを見つけ、「あっ、おばあちゃんだ!」と気づき、このブログを丁寧に読んでくれる・・・・
ブログは滅びません。この世から、私が消えても、ブログは残ります。
本として残すのもいいけれど、今の時代、ブログのほうが邪魔にもならず、周囲の人の迷惑にもならないでしょう。

そんな日の来ることを夢見つつ、このブログはこれからも続けてゆきたいと思います。どうか今までと同じく、よろしくお願いいたします。

f0103667_1272170.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-02-20 12:12 | その他
2012年 02月 17日
ドレナージ
庭に降り立つと、ふっと、やさしい香りが漂ってきた。
梅がほころび、やっと花を咲かせたのだ。
私はこの家に越してきて間もないころに植えた梅の木を見上げた。私よりずっと小さかった木が、30年以上たった今では見上げるような木になっている
白い優雅な花の香りをかいでいるうち、私は昨年秋、やはり木の香りに癒されたことを思い出した。

f0103667_11563165.jpg


そのとき、私は自分の体に何が起こっているのか、まったくわからなかった。
胸が苦しい、息が苦しい、痛い・・・急激な変化に私の意識も感情も付いていききれなかった。
痛みのあるときは横になって休んでいれば、少しは痛みも軽減されるのが普通なのに、あの時は、横になっても立っていても、座っていても、どこをどうしても痛みは取れなかった。
翌日、予約外であるにもかかわらす、かかりつけの大学病院に駆け込むと、すぐレントゲンを撮られ、そこから、あわただしく、即入院ということになった。

肺に水がたまり、その水も半端な量ではなく、レントゲンで肺がまったく見えないほど、おそらく4リットルから5リットルはあるだろうということだった。
病室に移されると、ばたばたと数人の男性が集まり、私はベッドに寝かされた。そのとき集まったのはその病院の専門の医師たちであった。一刻を争う緊急事態発生ということで急遽集められたということを、私は後から知った。
その時、これも後にわかったことだが、私の担当医となった一人の医師が興奮して、付き添っていた家族に言った。
「子どもさんはいるのですか、いるのだったら、すぐに連絡して来るように言ってください!」
それを聞いて、私は「えーー」と思った。
私はここで死ぬの?・・・・息子たちがあたふたと飛んできて、病院にかけつけ「おかあさーーん」といって私の手を握り、私はその手に握られてテレビドラマの主人公のように、目を閉じて死んでいくのか・・・・そんなシーンを頭に思い描いても、私にはどうもぴんとこなかった。

そして、たしかに私はそこでは死ななかった。

張り詰めた、緊張した空気が部屋いっぱいに流れていた。
が、あと数名の医師は沈着冷静だった。
ドレナージと呼ばれる重厚な機器がベッドの横に置かれ、一人の医師が言った。「これから、肺に管を通して、水を抜いていきますからね、ちょっと痛いけど、我慢してくださいね」
管がわき腹に持ってこられた。私は恐ろしくなり、「血が飛び出るのですか?」と聞いた。
医師は「ドラキュラの吸血鬼、ではありませんよ、水を吸い取る機械ですよ。血もちょっとは出ますけどね、だからちょっとは吸血の機械かな?・・・」
そのユーモアに、張り詰めていた部屋の空気がいっぺんに和らいだ。私もふっとほほが緩み、緊張も少しほぐれた。

私は部分麻酔をかけられた。全身麻酔ではなかったので、私は自分の横腹に管が挿されていくのをじっと見詰めた。
それは確かに「ドレナージ」というしっかりとした医療用機器ではあったのだが、自分のわき腹に管が挿されていくのはまるで電気ドリルでわき腹に穴を開けられているようだった。

f0103667_11581267.jpg

(ドレナージでつながれたところ)

こうして、私は機械と管でつながれ、ベッドに横たわった。そのときは、夢の中にいるようでで、管につながれるということがどういうことなのか、私にはまったくわかっていなかった。
自由がきかないということが、何を意味するのか・・・・
それを思い知るのは、数時間経ってからであった。

数時間後、麻酔も切れてきて痛みに耐えている中、私は尿意を催した。そしてあっと思った。
トイレはベッドの1メートル先にある。しかし、私は動くことができない。1メートル先のトイレに行くことができないのだ。
私はベッドの中からトイレのノブを見詰めた。たった1メートルの距離が、そのときの私には永遠に届くことのない、長い距離に思われた。
どうしよう・・・・
私は不安いっぱいになり、恐る恐るナースコールを押した。
「ハイ、どうしましました?」
すぐやってきた看護師に、私はささやくように言った。
「トイレに行きたいのですが・・・」
看護師は「ハイ、わかりました」あっさりそういうとそのまま部屋を出て行った。
しばらくして部屋に戻ってきた看護師は両手で大きな白いものを持っていた。
ポータブルトイレであった。

f0103667_11593772.jpg

 (ドレナージという器機、1リットルの水が入る容器があり、そこに血の混ざった赤い水がいっぱいにたまっているのがわかります。鼻には酸素吸入が付けられています)

「人間の基本的尊厳」という言葉がある。
人間が人から犯されたくない、基本的人権ともいえよう。周囲から存在を否定されたり、無視されることも人間としてはつらいことだ。
それと同じくらい、下の世話を人にしてもらわなければならないことも、「人間の基本的尊厳」を痛く傷つけられるものだということを、私は体験して初めて知った。
しかし、そんな贅沢は言っていられなかった。生理的現象の前で、人間の「尊厳」もなにもないのだ。
私は看護師に助けられ、ベッドから起こしてもらい、やっとポータブルトイレにすわり、用をたした。人間って弱いものだとそのときしみじみと思った。

人間は弱い、けれど、一方、神様は人間に「順応」という、特技もまた授けてくれているのかもしれない。
私はポータブルトイレにもすぐに慣れていった。

入院生活もかなり経つと、病院のさまざまな仕組みもかすかにわかってくるようになる。
看護師といってもさまざまなランクがあることや、看護が上手な人、心の痛みに寄り添ってくれる看護師、その一方、思いやりのない看護師もいることなど、さまざまなことが見えてくる。
そんな中に「助手さん」呼ばれる人がいた。普通の看護師は白いユニホームを着ているが、「助手さん」は薄いブルーの制服であった。看護は一切しないで、おもに、お茶やお水を持ってきてくれたり、配膳の仕事をしているようだった。丁寧な仕事振りで、無駄なことは言わないけれど、やさしい人柄であることはすぐに察せられた。

病室の中は一定の温度が保たれ、外の空気が初秋から中秋に変わっていることも私にはわからなかった。季節が移ろっていることは、時々テレビに映し出される草花で知るしかなかった。

ポータブルトイレに慣れたとはいっても、やはりかなり心の負担にはなっていた。とくに、大をした後の始末には閉口した。窓を開けて部屋の空気を入れ替えてもらっても匂いは完全には消えない。
病身には、外気を長い間いれるのは、それも耐えられなかった。季節は確実に進み、秋も半ばになっていて、外気はかなり冷たくなっていたのだ。
そんなとき、食事の時間になると、もう何重もの苦痛を背負うようだった。
あるとき、やはり運悪くまだ匂いの残るとき、食事の時間になった。
助手さんが食事を持って部屋に入ってきたとたん「あらっ」といった。
窓を開け、空気を入れ替えてもらい、私は惨めな思いで食事に箸を付けた。食べなければならない、体力を付けなければならないのだ。
そんな私を助手さんはちらっと眺め、「あとでまた来ますね」といってそのまま部屋を後にした。

翌日、ノックして部屋に入ってきた人を見て、私は一瞬誰かわからなかった。私服の助手さんが、にこにこと微笑みながら、新聞紙につつんだ何かを私に差し出した。
とたんにいい香りが匂い立った。木犀であった。
「家に咲いたんです。花瓶も持ってきましたよ」
そういって、助手さんはテーブルの上に花瓶を載せ、木犀を生けてくれた。
ふくよかな香りが部屋いっぱいに拡がった。
それは単に木犀の香りだけでなく、人の心のやさしさをも漂わせてくれる香りであった。私は、木犀の香りがこんなにも人の心を揺さぶる、すばらしい香りであったのかと、涙がこぼれるほどの感激をもって、花に顔を寄せた。

その後、私は順調に回復し、退院するまでになった。

助手さんと、あの木犀の香りは私の心にしみこんだ。
秋が来て、木犀が香るころになると、私はまた、あの「助手さん」を思い出すだろう。

春を告げる、梅の香りにつつまれて私は、昨年の秋の香り、木犀と助手さんをなつかしく思い出している。
f0103667_1225878.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-02-17 12:09 | エッセイ
2012年 02月 15日
瀬田の唐橋
古い外付けを見ていましたら、「瀬田の唐橋」が出てきました。
2006年4月9日
今から6年前です。

6年前、カメラで知り合ったMさんとKさんと3人で京都で落ち合い、琵琶湖あたりを回りました。
楽しい旅でした。

瀬田の唐橋は、古歌にも読まれ、絵にもかかれ、有名な橋ですのに、そのときは「橋シリーズ」をするなどとは露思わず、なんとなく一枚撮っておこう、と思っただけでした。カメラもコンデジでした。

あの時私を誘ってくださったMさんとは、いつのまにか音信も途絶えてしまいました。
たった6年前のことなのに、なんだか人の世のはかなさをしみじみ思ってしまいます。
そんなこともあり、「瀬田の唐橋」は私にとって、「橋」というものよりも、人とのつながりのもろさを思い出すよすがになってしまいました。

f0103667_13401481.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-02-15 13:43 |
2012年 02月 13日
小さな春が・・・
かわいいネコヤナギ゙が顔を出しました
小人さんがかぶっているような
小さな帽子を脱ぎ捨てて・・・・

小さな春が
顔をのぞかせました

f0103667_10443591.jpg


おまけ

友人がくれた「春の使者」
ネコヤナギはわかるのですが、赤い実は??
とんがっている小さな赤い芽は??

ともあれ、「春」が間近なようです。

f0103667_10475260.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-02-13 10:48 |
2012年 02月 11日
愛逢橋
佐賀県、九年庵近くにある橋
ちょっと無理がある命名ではないかなあ・・・と思ってしまったのですが・・・・
橋としては美しいし橋でした。

f0103667_11115038.jpg


 (2011、5,02撮影)

いいわけ・・・

先日「橋」でレインボーブリッジを出しましたところ、東京に行ったの?というメールを何通かいただきました。
まだ上京できる状態ではありません。あれは 2007、3,18撮影のものでした(T_T)

# by mimishimizu3 | 2012-02-11 11:17 |
2012年 02月 08日
冬の鳥
鳥を撮るのはむずかしいです。
私にはとても無理ですが、冬には冬の鳥がやってきてくれます。
季節の使者に敬意を表して・・・(^.^)


ジョウビタキ
f0103667_19403285.jpg



名前がわかりません。
ご存知の方教えてください。
f0103667_19412859.jpg



冬の定番 ユリカモメ
ちゃくすーーい
f0103667_19421998.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-02-08 19:42 | 自然 風景
2012年 02月 06日
家路へ・・・
さあ
帰ろう・・・家に・・

食材をいっぱいつめた袋を持って
西日を浴びて家路を急ぐ人

家族のために
笑い声のあふれる団欒のために
この橋を渡って家に帰ろう

シルエットの向こう側に
暖かい食事の湯気がたちのぼっていた

f0103667_1328644.jpg


# by mimishimizu3 | 2012-02-06 13:29 |