2009年 12月 02日
雑草と呼ばれる花々 № 100
いよいよ100回目、最終回です。

最終回にはなにをアップしようか、ずいぶん迷いましたが、メリケンカルカヤとサクラダテに登場してもらうことにいたしました。


メリケンカルカヤ
この雑草は、№ 86、10月6日にアップしています。その後、いよいよ背を高くし、枯れたまま寒風吹きすさぶ初冬の今、すっと背筋を伸ばし、毅然として立っています。
この雑草を見るたびに、「あなたも背筋を伸ばし、しっかり生きていきなさいね」と語りかけられているような気がしてきます(笑)

f0103667_10522749.jpg



サクラダテ
この雑草も№ 96で出したばかりです。
でも、このシリーズの最後の最後、まさに掉尾を飾るのは、明るく華やかなものであってほしいと思いました。
川のほとりに群れを成して咲いているのは遠目にもきれいです。

f0103667_113130.jpg


これでこのシリーズは完結いたしました。
エクセルで作っておいたデーターによりますと、花が316、実が30となっています。いくつかは重複するものがありますので、実際は約300種類ぐらいを集めたのだろうと思います。

私がこれをできたのも、このブログを見ていてくださる方があったからです。
長い間、応援して下さり、励ましてくださいましたたくさんの方に心から御礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

2007年、4月5日、なにげなく目に付いたスミレやムラサキケマンをアップしました。そこから2年7ヶ月にわたるシリーズとなるなどとは、自分自身思ってもいなかったことです。
30回目ぐらいのとき、50回までしてみようかな、と思い、50回目のとき、100回までできたらいいな、と思い、70回目ぐらいのとき初めて、よし、ここまできたら100回をめざそう!と思いました。
目標の100回に達した今、久々に 《達成感》 を味わい、感慨にふけっております。

私がカメラを手にしてから、約6年になります。
このシリーズを続けながら、私が思ったことは、私の写真のテーマはやはり花、それも野に咲いている小さな花、雑草、なのだろうなということです。私には、どこをとっても絵になるような雄大な景色がいつもいつも撮れるわけではない、夕日の美しいスポットに車を走らせて撮りにいけるわけでもない、外国の珍しいお祭りや風景が撮れるわけでもない、私にできることは身近な自然、生活圏内にあるささやかなものだけなのです。
その中でも雑草は私のテーマにこれからもなっていくだろうなと思います。

このシリーズを終えるに当たって、私の胸に去来するものは「楽しかった!!」という思いだけです。
楽しかった、本当に楽しかった。改めてシリーズをすべて眺めて、ああこれはあそこで撮ったもの、これはあの時撮ったもの・・これを撮るときは大変だったなあ・・等々思い出はつきません。

このシリーズはこれで終わりますが、また新たに野の花という名前でこのシリーズの続編は立ち上げてみたいと思っています。どうかその節はまたご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

本当に長い間、ありがとうございました。

by mimishimizu3 | 2009-12-02 11:52 | 雑草と呼ばれる花々


<< クリスマスリース      ひかり降る街 >>