2007年 10月 06日
雑草と呼ばれる花々   № 15 イヌビユとアカマンマの花
 ぞうさん ぞうさん
 お鼻が長いのね
 そうよ 
 かあさんも
 ながいのよ

誰でもが知っていて、誰でもが一度は口ずさんだことがあるであろうこの童謡の作詞者、まどみちおさんの詩集を読んでいましたら、とっても嬉しくなる箇所に出会いました。

ちょうど、私が雑草シリーズで、アカマンマの花を追っていた時なのですが、まどみちおさんの詩に、こんなのがあったのです。

f0103667_10275453.jpg


最後の箇所、「イヌビユなどに まじって 風の子たちと はしゃいで」

というところですが、アカマンマと一緒に、私もイヌビユを撮っていたのです。


イヌビユ



アカマンマ
f0103667_1033525.jpg



まどさんの詩を読んで、なんとかしてアカマンマとイヌビユが一緒のところはないかなあと探しました(笑)  草むらにはけっこういっしょのところがありました。



まどみちおさんの詩は、平易な言葉で、優しい言葉で、誰にでもわかる言葉で書かれています。難解な現代詩が多い中で、私の好きな詩人の一人です。

by mimishimizu3 | 2007-10-06 10:40 | 雑草と呼ばれる花々


<< コスモス by 能古の島(のこ...      武相荘 (ぶあいそう) >>